[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
20130227_Skrtel.jpgSkrtelのコメント。
==============================

待つ以外に僕に何が出来ると思いますか?

体調が良くチームと一緒にトレーニングをしていた時は100%を注いで来ましたし、監督には自分が先発メンバーに値することを証明するために出来ること全てをやって来ました。チャンスを待っていましたし、その1つがSt Petersburg戦でやって来ました。ですがまたプレー出来なかったのです。でも今はケガをしていますし、体調が戻った時にどうなるかを見ることになりますネ。

言葉にするのは難しいですが、何か変化があったとは思いません。ラインアップについては監督なりの考えがありますし、問題は僕がフィットした時にそこに入ることが出来るかどうかです。僕にとって一番重要なことは出来る限り早く復帰してトレーニングを再開することですよ。


たとえロシアへの移籍が2月末まで可能だということが事実だとしても、シーズン中に移籍のことを考えるのは無益なことだと思います。
20130224_vsZenit.jpg残念ながらベスト16進出には一歩及びませんでした。


今日は現時点で考え得るベストメンバーで望み、まずはファーストレグで喫した2点のビハインドを取り返すべく、全力を出し切ってくれたと思います。
試合を通して少し攻め急いでいるようなところも感じられましたが、2点のビハインドというのはそれだけ重いということ。これはやむを得なかったでしょう。



前半にCarragherのミスからトータルスコアで3点差となる失点を喫してしまい万事窮したかに見えましたが、そこからのチームの反発は実に見事でした。

Suarezの2度に渡るFKでのゴールにAllenの逆転ゴール。

この日の選手たちは一瞬たりとも試合を諦めはしなかったのでしょう。

選手たちの勝利への欲求、最後まで試合を捨てない気持ちをこれほどまでに感じた試合は今シーズンありませんでしたし、それがファンに感動を与えてくれたと思います。
Rodgers体制になってからはどちらかと言えば苦しいことの方が多かったと思いますが、こういう戦いを見れたことはファンとして幸せだと感じます。
20130221_vsSwansea.jpgSwanseaがPremier Leagueに昇格したのが2011-12シーズン。
それ以来カップ戦を含め2分2敗と、 その試合内容からしても「難敵指定」が相応しい相手。
そのSwanseaと中2日で当たろうというのだから苦戦を覚悟していました。

ところが結果は5-0の完勝。
ようやく彼らに雪辱を果たすことが出来ました!…と言いたいところですが、この完勝劇には理由がありました。
それはこの日のSwanseaがSwanseaではなかったから…。


1週間後の24日にリーグカップ決勝を控える彼らは、今日の試合で選手の大幅な入れ替えを行いました。
これによって彼らの特長である自陣からの推進力は完全に失われ、いつもの流れるようなパスワークも少しずつズレが生じていました。チームとしての体を成さない別物となってしまいましたネ。

この試合がLiverpoolの今の力を量る物差しと考えていただけに残念でした。


一方のLiverpoolはSturridgeが復帰。そしてCoutinhoが左サイドでのLiverpool初先発を飾りました。
念のため書き残しておきますが、Skrtelはまだお許しを頂けず(苦笑)…それどころか練習中にヒザを負傷したようで、当分試合に出れなくなりそうです(汗)
20130216_vsZenit.jpg気持ち良い試合を見せてもらった後ですが、この試合のことを忘れてはなりません(苦笑)

この日は極寒の地、St PetersburgでZenitと対戦。
川も凍るほどのメチャクチャな寒さの中、サポーターもフードをかぶって完全な防寒対策。ホントに寒そうでしたが何故かSkrtel、Carragher、Enrique、Gerrard、Henderson、Downingは気合十分の半袖(笑)


さて過密日程のさなかで迎えたZenit戦。Liverpoolとしてはここのところ選手たちの疲労が蓄積しているようにも見えますし、終盤の失点も疲労から来ている可能性もあるかと…。
一方のZenitは年明けのオフシーズン以降、Liverpool戦に備えて親善試合を消化するなど入念な調整を行って来たようです。
コンディションに関しては試合をやる前からZenitに分がありそうでした(苦笑)
 
20130214_vsWestBromwich.jpgほとんど相手に攻撃をさせないほどの優位な状況を作りながら…そして主審からのお情けでPKをもらっておきながら…終盤の2失点で撃沈。
絵にかいたような負けっぷりに清々しささえ感じます。

戦前に頂いた「Liverpoolは今のPremier Leagueで最も良いプレーをしている」というClarkeからのありがたい褒め言葉も、今となっては単なる冷やかしにしか聞こえない…(苦笑)
もちろんClarkeにそんな気は無かったんでしょうけれど。



今日は結局Sturridgeが間に合わず、代役には久々のShelveyが入りました。そしてSkrtelはまだRodgersのお許しを頂けず(苦笑)
彼のいないオフェンス時のセットプレーがAgger頼みになってしまって可能性を全く感じません。Agger自身は頑張ってくれてるんですけどネ(汗)
そろそろ復帰させて欲しいところですがCarragherも良いパフォーマンスを見せてくれていますからネェ…。
 
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[04/03 あおげん さん]
[03/22 ボーヤ さん]
[01/04 ボーヤ さん]
[01/03 Tam さん]
[12/05 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 3 5
8 12 14
15 16 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Search