[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
20130406_vsAstonVilla.jpgSt.Mary's Stadiumでの大凡戦のあとでどんな試合を見せてくれるのか…期待と不安が入り混じった試合でしたが、前回とはうって変わったなかなか良いパフォーマンスだと感じました。


今日はSturridgeをベンチスタートさせ、代わりにHendersonが先発。後はいつも通りのメンバー。Skrtelもいつも通り(苦笑)お許しを頂けず。…そろそろ書き飽きて来ました(汗)
Sturridgeを外した意図はよく分かりませんでしたが、状態があまり良くないと言うことなのでしょうか?
残り7戦で順位を1つでも上げていくために欠かせない選手だと思いますので頑張ってもらいたいですネ。


この試合、選手からは「勝ちたい」という思い…と言うよりむしろ「勝たなければならない」と言う義務感のようなものを感じることが出来ました。
Johnsonの相変わらずの守備の緩さは気掛かりだったり、「最高のパフォーマンス」とは言えない試合ではありましたが、チームは高い集中力を維持して勝利を追求して戦ってくれましたネ。
こういう試合をしてくれれば僕的には勝敗を抜きにして満足出来ます。
 
20130318_vsSouthampton.jpg【ちぐはぐ】(形動)二つ以上の物事が、食い違っていたり、調和していなかったりするさま。「靴下を―にはく」「―な言動」「どこか―なLiverpool」
(大辞林)
すみません…最後の用例は大辞林には書いてありませんでした。無くて良かった…いやむしろ書いてあった方がその意味が身に染みて良かったように思います。



今日はCarragherが負傷離脱でSkrtelが約1カ月ぶりの先発復帰。Lucasも少し不安が見られたということでベンチスタート。代わりに Allenが入りました。肩の手術を予定している選手を起用して大丈夫なんでしょうか?(汗)そして前節ふくらはぎの負傷で欠場したReinaも復帰出来 ずJonesが出場。
ということでここへ来て少しチームに綻びが…。勢いに乗ってシーズン終了まで突っ走りたいLiverpoolにとっては大きな痛手です。
 
20130315_vsTottenham.jpgいつ以来でしょうか。今日のような苦しい試合を勝ち切ったのは。
今シーズンはこういう試合で悉くポイントを落として来ましたし、それはクラブとしてEuroやオリンピックによってオフシーズンの強化が進められない中でありながらもRodgers体制をスタートさせる選択をしたのだから仕方がないと納得(諦め?)さえしていました。

ですが苦しいシーズンを過ごす中でチームは一歩ずつ力を付けて来ていましたし、今後数年に渡ってChampions League出場権を争うライバルになるであろうTottenhamをこういう形で倒すことが出来たのは大きな自信になったのではないかと思います。



今日はSturridgeが故障明け。その代わりというわけではないでしょうがReinaが試合当日ふくらはぎを痛めて戦線離脱。セカンドキーパーのJonesが入りました。そして毎度毎度のSkrtelは今回もお許しを頂けず…。このまま彼のシーズンは終わってしまうのでしょうか?

絶好調のSpursは今日の試合を迎えるまで8戦連続無敗。Premier Leagueだけに絞って遡ると、実に12月16日のSwansea戦以降12戦連続無敗というハイパフォーマンス。
前節のArsenal戦などを見ていても点の取り方がLiverpoolディフェンスにそのまま通用しそうな気がしたので試合前から戦々恐々としていました(苦笑)
 
20130310_liverpool.jpg先日、公式サイトにてLiverpoolの収支報告がありました。
ちょっとそこに触れておきたいと思いますが、僕はこの道の専門家ではありませんし、スポーツビジネスの企業に一般企業の感覚は必ずしも当てはまらないと思います。そのあたりはご容赦頂きたいと思います。


まず期間は2011年8月1日~2012年5月31日までの10か月間。通常であれば1年間で区切るべきところですが、Ayre曰くフットボールシーズンに合わせたかったそうで、今後は5月決算となります。

結果的には負債が8,717万ポンドで前期比33%増という結果になりましたが、HicksとGillettが共同オーナーを務めていた2009年の47,250万ポンドという桁外れの数字からすれば何とも感じません。…と言うくらい感覚が麻痺しています(苦笑)まぁ前期は12か月、今期は10か月なので比べようもないところはあるのですが…。
ちなみに2009年の負債はHicksとGillettのLBO(Liverpoolの資産やキャッシュフローをレバレッジにした買収)によるものが大半です。
Henryオーナーはこれを消してくれたワケですからネ。感謝。
 
20130305_vsWigan.jpg一方的な結果とはなりましたがWiganも何度か決定機を作り出しており、もしReinaの好セーブが無ければ点の奪い合いとなっていたかも知れません。


今日はSturridgeが練習中に負傷したとのことで復帰を果たせず。あとはいつも通りと言ったメンバー構成でした。
移籍以来素晴らしい活躍を見せてくれているCoutinhoは早くもスタメンに定着。これによって弾き出された格好となるHendersonは再び我慢を強いられることになりますが、またチャンスは回ってくると思いますので耐えて欲しいですネ。


最初に述べた通り結果は一方的でしたし内容としてもLiverpoolに分があった試合でしたが、盤石であったかと言うとけしてそうではなくWiganオフェンスに肝を冷やす場面も多々あった試合でした。
 
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[01/04 ボーヤ さん]
[01/03 Tam さん]
[12/05 ボーヤ さん]
[12/02 ボーヤ さん]
[11/28 悪即斬 さん]
Twitter
Calendar
12 2018/01 02
S M T W T F S
5 6
10 11 13
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Search