[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
20100729_Hodgson.jpg1つやり残していることがあります。


それは2009-10シーズンのまとめ…。
忘れていたわけでも、サボっていたわけでも、まとめ切れなかったわけでもありません。
完成はしたのですが、完成直後にBenitezが退任してしまったため、これを出すことに何の意味も感じなくなってしまいました。

なんとかこのブログの「総括ファン」(誰ソレ?)のためにも、文章の再校正をしてでも掲載しようとしていたのですが「今さら前監督の反省点をあげつらって何が面白いの?」と思いましたし、下手をすると前監督の悪口にしか聞こえない代物になってしまいまして…(汗)

あいだWorld Cupに現実逃避してしまったり、Hodgsonネタを書き連ねたりとホント苦しい6、7月でした(涙)
20100729_Jovanovic.jpgJovanovicのインタビュー。
==================================

─ Milan、これまでのLiverpoolでの生活にはどの程度馴染めましたか?

全てが僕が予想していた通りになっています。特別なフットボールクラブですからネ。
僕のキャリアにおいて本当に大きなステップになりますし、サポーターにとって良いシーズンになることを僕たちは願っていますよ。



─ これまで英国人選手から英会話のレッスンをたくさん受けてきましたが、Steven GerrardとJamie Carragherの話は理解できますか?

僕の英会話は今のところベストではありませんが、これからそうなるでしょう。英会話は勉強していますし、上手くなりますよ。StevenとJamieは僕にとって偉大な存在ですし、彼らはゆっくり話してくれますから理解できますよ。
20100728_Mascherano.jpgMascheranoのCMFとしての守備能力の高さは他に替え難く、その背後に控える4人の負担を軽くしてきました。
両SBの攻撃参加を容易にしていたのも彼の献身的なサポートによるものとも考えられます。

Liverpoolにとって不可欠な選手であり、いずれKopレジェンドとなれるチャンスを持った男だと思います。


そんな彼の移籍がかなり現実的になってきました。
Hodgsonのもとに代理人を従えて訪問した彼は退団の意志を伝えたとのことです。
まぁまだ退団は決定したワケではないのですが、オファーは間違いなくあるでしょうし慰留は無理でしょう。
20100727_Carragher.jpgCarragherのコメント。
==================================

ネガティブなことが沢山ありましたし、そいうことがしばらく続いていました。
僕はSteven GerrardとFernando Torresが来シーズンもクラブに残っていると思います。


もし彼らが残るのならLiverpoolの目標はChampions League出場権を取り戻すことでなければなりません。
Liverpoolはタイトルを取れなかった時に1億ポンドもの金額を掛けられるReal Madridのようなクラブではありません。
20100726_Dalglish.jpgDalglishのコメント。
==================================

Torresがそれ(Coleの契約)を目にし、Royと話をして彼は私たちに良いニュースを与えてくれると思いますよ。
私はTorresが残ってくれることを願っています。Fernandoだけがやるべきことを理解しています。

不運にもケガをしてしましましたが、彼は素晴らしい選手ですしクラブや街中に幸せを感じています。

Stevieが残留する事実は大きな助けとなるでしょうし、Joe Cole、Milan Jovanovic、Jonjo Shelvey、Danny Wilsonのような選手は現在と将来に向けた補強であることを意味します。

Royは彼自身の権力をクラブに刻むでしょう。ですが選手たちがWorld Cupから徐々に戻ってきているところですしまだ全員が戻ってきていませんから今は難しいですネ。
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[05/16 高 たかし さん]
[02/06 ボーヤ さん]
[01/06 ボーヤ さん]
[12/09 ボーヤ さん]
[12/02 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Search