[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
移籍市場での動きなど最近はポジティブな話題が多かったLiverpoolでしたが、ここで1つ気が滅入るニュースが…。

昨シーズンのAS Roma戦でKolarovと交錯して右膝靱帯の損傷という重症を負ったChamberlainですが、今シーズンはリハビリに当てる方針であることがこの度発表されました。当初は今年の暮れには復帰出来るであろうという見方もあり、靱帯断裂でなければ半年強くらいで戻って来る選手もいましたから僕も少し楽観していたのですが…甘かったようですね。

中盤はKeitaやFabinhoを補強していますので昨シーズン終盤の「ギリギリ感」はありませんが、怪我が重なればまた苦しい状況には陥りますので不安は残ります。
今シーズンはタイトルを狙わなければならないと思いますし、その中で昨シーズンの強力なオフェンスを支えたChamberlainがいないというのは痛いですね。

順調に回復して何とか今シーズン中の復帰を果たしてくれることを期待したいですが、膝靱帯の怪我はフットボーラーにとって重いですからね。
過去にも引退に追い込まれた選手や、復帰早々に再発した選手やトップフォームを取り戻せない選手を見て来ました。
無理は禁物です。


昨年の夏に既に合意に至っていたKeitaがようやくMelwoodに到着しました。

背番号は前々から噂されていた通り、Gerrardが付けていた8番に決まりましたね。
GerrardがユニフォームをKeitaに手渡すというサプライズ演出に、本人もいたく感激したようですね(笑)


Kloppは中盤でしっかりボールを持てる選手、ボールを運べる選手を積極的に獲得しています。
彼もその1人であり、昨シーズン見事にフィットしたChamberlainのような活躍を期待しています。

また今のチームに望むのは中盤の選手の得点力。
前線の3人も今シーズンは相手に研究されるかも知れませんし、ゴールから離れたところからのミドルを狙えるようなチームを作ってもらいたいところです。
Keiaにはその辺りも期待したいですね。

Keitaのインタビュー。
=============================

─ Naby、Liverpoolへようこそお越しくださいました。ついにLiverpoolの選手になれたことについてどれほど興奮していますか?

期待の若手の1人であるEjariaがRangersに1年間のシーズンローンに出ることになりました。
それに先立ってLiverpoolとは長期契約を結んでくれています。

Rangersと言えば、来シーズンからGerrardが初のトップチームの監督に就任するチーム。
昨日体制も発表され、Gary McAlisterやMichael Beale、Tom Culshow、Jordan MilsomらLiverpoolのアカデミーコーチ陣がGerrardをサポートすることになります。
よそのチームにいながらにしてLiverpoolのスピリットを叩き込んでもらえるんじゃないかと思うと期待せずにはいられません(笑)

以前からEjariaの能力を高く評価していたGerrardですから、きっと上手く起用して彼の力を伸ばしてくれるだろうと思います。
EjariaもGerrardのトップチームでの初挑戦を失敗に終わらせないよう、しっかり期待に応えてくれなければ困りますね(笑)


AS Monacoと言えば前から噂になっているアタッカーがいるはずですが、そちらではなくFabinhoの獲得が決定しました。
まだCL決勝の余韻が冷めやらない中ですが、クラブは早くも来シーズンに向けた補強を決めてくれましたね。

契約金は明らかになっていませんが、3,930万ポンドに440万ポンドのインセンティブが付いた契約と見られています。
移籍金はどんどん水準が上がって行きますね(汗)

正式な入団は7/1からで背番号などはその時に発表されることになるでしょう。


プレーについてはYoutubeに毛の生えた程度しか見ておらず大したことは語れませんが、それを見る限り足元が上手く、長短のパスもセンスを感じますね。
ポジションはDMFでの起用が主になると思いますが、右SBも出来るらしいですし、中盤ならどこでも活きそうな雰囲気はあるので非常に使い勝手が良さそうです。
本人曰くマンマークに強いとのことで、その辺りも大いに期待したいですね。



Kloppのコメント。
=============================

─ Mohamed Salahの怪我が試合のカギとなったかどうかについて

まずはReal Madridのことを祝福したいです。彼らが今夜Champions Leagueで優勝したことを忘れてはいけません。

もちろんSalahが怪我をした時は試合の中で大きかったです。試合に負けた後でそういうことを言えば、往生際の悪い奴のように聞こえるかも知れませんが、あれは私にとって厳しいチャレンジのようなものでした。あの場面は少しレスリングのような形になってしまっていましたし、残念ながらMoは肩から落ちてしまいました。怪我は深刻です。非常に悪い、本当に深刻な怪我です。選手たちがショックを受けているは明らかでしたし、我々が少し深く下がりすぎてしまい、我々が少し落ち着くまでRealはその勢いを活かそうとして来ましたね。とても困難でしたが、0-0で迎えたハーフタイム中にいくつか調整することが出来ました。選手間のスペースでのディフェンスはSalahが負傷する前まではとても上手くやれていました。そこからはもっと自分たちのフットボールをプレーしていましたね。
その後の別の決定機はゴールに繋がってしまいました。とても奇妙なゴールでしたが、そういうものでしょう。結果は3-1でReal Madridだというのは全員分かっていますし、それによって我々のムードが最高で無いというのは確かですね。


Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[12/09 高 たかし さん]
[11/16 ボーヤ さん]
[10/30 ボーヤ さん]
[10/26 管理人 富樫 さん]
[10/20 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
3 6
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Search