[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

503ebfc4.jpg前回はシーズン総括としてまず「良くなかった」点を挙げました。
書き連ねながら、だんだん気が滅入ってしまい掲載するかお蔵入りさせるか悩んでしまいました。なかば投げやり気味でしたが投稿できてよかったです(笑)

話は逸れますが、ブログをやってて改めて気付かされるのが「お蔵入り」の多さ。
今まで130以上の記事をエントリーしていますが、一方で20本弱の記事をお蔵入りさせてます(汗)
恐らく(というか間違いなく)自分の稚拙な文章力と英語力が影響していると思われます。
思ったことを気ままにザクザクと文章にしておくのですが、いざ掲載するときに見直すと公開するには恥ずかしい文章だったりするんですよネ。そういうのを手直ししている間に機を逸してしまう感じです(笑)
その「お蔵入り」記事はその後どうなるかと言うと…あっさり消し去られます(爆)

ならば公開された記事は厳選された秀逸なモノかというと必ずしもそうではないのであしからず(笑)


■Torresの活躍
さてようやく本題です(汗)今回は今シーズンで「良い」と感じたことをまとめます。
かなり在り来たりですが、まずはやっぱりTorresの獲得でしょうネ。
2006/07シーズン終了後、Benitezは「前線を個人で打開して勝負を決められるFWが必要だ」というようなことを言っており、その通りTorresの獲得に成功しました。

実は獲得が決定した時は正直「大丈夫か?」と不安に思っていました。
額が額ですし、Torresと言えば私の中で「上手い時はメチャウマだけど下手な時は日本人より下手」という評価でしたから(笑)
本人曰く「Atletico時代はキャプテンを務めるプレッシャーがあったから」だったそうですが、とにかく安定感が無いというかトラップなど信じられないミスをする選手だったんですよネ。
それがLiverpoolに来てからというものスゴク安定してしまって、シーズンを通してコンスタントに活躍してくれました。こんなTorres見たこと無い(笑)
疑ってごめんね、Torres。

彼の個人技は近年のLiverpoolに無かったスパイスを加えてくれました。
彼に今シーズンと同程度のチャンスを供給ができれば、毎年同じくらいの活躍はしてくれそうな気がします。

20080530_Benitez.jpgシーズン前Torresというビッグネームの獲得に成功し、「今年こそは」と希望を持たせてくれたLiverpoolでしたが、終わってみるといつものような成績になってしまいました。
---------------------------------
 Premier League  4位
 Champions League ベスト4
 FA cup      ベスト8
 Carling Cup    5回戦
---------------------------------
悪くないけど、物足りない。
お金をかけて名前だけ見ればいい選手がたくさん加入して来ましたが、その名前と金額に見合うだけの成績ではないなと思いますネ。正直。
まぁサッカーが名前だけでは通用しないというのが良く分かります(汗)


今更感が漂う微妙なタイミングですが、シーズンを総括しておかないと何だかスッキリしないというか…。

初回は「良くない」と感じた話をしておきます。その方が後で気が滅入らないので(笑)
「良くない」ポイントについてはAggerなどケガ人をスケープゴートにすることは避けます。それを言い出したらキリが無いというか、まぁ敢えて言うなら「もっとお金をかけて選手を獲得しておけ」という短絡的な結論になってしまいますので…。
今回だけで終わってしまったら私はただの悲観論者になってしまいますので(笑)、次回は「良い」ところも書きたいと思っています。

ちなみにエントリーが久々となってしまったのは、反省点を考えれば考えるほど気が滅入ってしまったからです(笑)
だからご容赦を…。

20080523_Benitez.jpg来シーズンに向けて各チームが選手の獲得合戦を展開していますが、Benitezは3選手について値段をつけていますネ。

 Alonso 1,600万ポンド(約33億円)
 Crouch 1,500万ポンド(約31億円)
 Carson 1,000万ポンド(約21億円)

Crouchについては以前このブログでもご紹介しましたが、んーかなり強気な価格設定ですよネ。というか金銭感覚おかしいですよネ(爆)

Carsonの金額はあり得ないでしょう(汗)
一時期本人も怒ってましたよネ。「もっと正当な金額にしてくれ!」と。
選手自ら自分の価値を下げてくれというのも笑えましたが、いつまでもレンタルというどっちつかずな立場で、Liverpoolにいいように使われては本人も不安でしょう。
AronsoにしたってCrouchにしたってちょっと手の出せる金額ではないと思うのですが…。

やはり基本的には売る気が無いってことなのでしょうか?
ただCarsonに関してはAston VillaのBarryの獲得のための駆け引きか、ちょっと不仲気味なMartin O'Neilに対する嫌がらせかも知れませんが(笑)

相変わらずBenitezさんの考えてることは分からんデス。

20080522_Ince.jpgPaul Inceの息子ThomasがLiverpoolユースに昇格したとのこと。
16歳でポジションはFWだそうです。
まぁここからトップチームに上がってこれるかがとてつもなく厳しいのですが、頑張ってもらいたいですネ。


お父さんのPaul Inceは1997年から2シーズンLiverpoolに在籍したCMFの選手です。
ですがやはり「元Liverpool」というより「元United」という印象の方がはるかに強いです。


そんなお父さんが自分の息子をUnitedよりLiverpoolの下部組織に入れたというのは、なんだか勝ったようで嬉しいです(爆)
自分、ちっこいなぁ~(汗)

しかし3人ともいい顔してますネー。

20080521_Degen.jpg補強の必要性を指摘されていた右SBの入団が決定しました。
スイス代表のPhilipp Degen選手です。結構スピードがあってガンガン攻撃参加し、正確なクロスが武器とのこと。「守備が弱点」と自ら認めるあたりちょっと苦労させられそうですが(爆)
あと、現在ケガをしている模様です。靱帯の損傷かな?ドイツ語はよく分かりません。
少し出遅れるかもしれませんネ。

ですが、こういう選手はサイドに欲しかったので良い補強かと思います。
まずはFinnanとArbeloaとポジションを争うことになりますが、個人的にArbeloaのことを勝手に「いいヤツ」と認定している(笑)ので負けないで欲しいですネ。

Benitezのコメント。
「Philippはまだ若いんですが、Borussia Dortmundの元でBundesligaを戦い、スイス代表にも選ばれるという素晴らしい経験があります。Basel在籍時にはChampions Leagueにも出たことがありますからトップレベルのフットボールが身についています。
彼は素晴らしい体力と勝つためのメンタリティを持った攻撃的な選手です。彼の強みは前線に上がることで、彼がチームを向上させてくれると自信を持って言えますね。」

Degenのコメント。
「Liverpoolからオファーをもらった時に絶対受けようと思っていました。Liverpoolはビッグクラブです。ここなら自分を成長させることができるし最高のリーグで試合に出ることができるんですよね。」


関連記事 : vs Reading

Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[09/26 ボーヤ さん]
[09/12 悪即斬 さん]
[09/04 悪即斬 さん]
[08/16 悪即斬 さん]
[02/06 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2
5 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Search