[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
City戦の敗北以降ピリッとしたところが無く、調子を崩したようにも見えていたLiverpool。

この期間は上位陣との対戦が無く、日程的にも厳しくない時期でしたのでしっかりポイントを積み増さなければなりませんでしたが、残念ながらそれは出来ませんでした。
右SB、CB、そして中盤は負傷者続出で辛うじて選手をやりくりしている状況では仕方がないでしょうが、このポイントロスによってCityに3ポイント差まで詰められてしまったのは流石に厳しいですね。


今回のBournemouth戦の先発ですが、West Ham戦からの変更は1箇所。
Lallanaに代えてWijnaldumを起用しました。
負傷離脱していたHendersonやTrentもベンチに戻って来てくれていますが、一方でShaqiriが腹筋を痛めたとのことでメンバー入りを逃しています。


試合は序盤こそ互角の戦いになったものの、徐々に流れを引き寄せることが出来ましたね。

West Ham戦でバランスを欠いていた中盤もWijnaldumが入っただけで格段にレベルアップしました。これがチームの攻守両面において大きな影響を与えてくれましたね。
ディフェンス面においてはボールホルダーを後ろから追いかけてズルズル下がらされるようなシーンが無くなりましたし、オフェンス面でも前線への中継役としてLiverpoolらしい縦の速さを取り戻すのに貢献してくれました。

Kloppのコメント。
=============================

─ 1ポイント取れてラッキーだったか

そうは思いませんね。ですがPellegriniがそう考える理由は分かりますよ。我々のゴールはオフサイドだったんですから。試合中は私には分かりませんでしたし、ハーフタイムの時点でも誰も伝えてはくれませんでしたし、私も聞きはしませんでした。試合後に我々の分析担当がすぐに伝えてくれたことで、あの場面はオフサイドだったのだろうということが分かりましたよ。
相手は正式なゴールを決め、我々はオフサイドでのゴールを決めたということですが、実際にはこれがPellegriniが我々がラッキーだと考えることが出来た唯一の理由になりました。その他にも彼らは2度、強烈なセットプレーを見せて来ましたね。
我々がボールを失い、彼らが深い位置でボールを奪った時は彼らがチャンスを掴みましたが、これは普通のことですよ。
パスを通す場面が我々には何度もありましたが、サイドバック…特に前半のRobboはフリーの選手を見つけることが出来ませんでした。逆サイドも同様でした。密集したエリアでチャンスを作るのは正直なところ困難でしたよ。昨晩のトレーニングが終わった後、我々は3つのポジションを変えなければならなくなってしまいました。もちろんこれはパーフェクトとは言えませんよ。この影響はセットプレーの場面での特に組織に見られました。それが我々が少し苦労させられたところですよ。
もしDivockが終了間際のゴールを決めていれば、もちろんラッキーな試合となったでしょうが、ポイントを手に出来たのは妥当だと思いますね。

負傷者が徐々に回復してそろそろチームが整って来るかと思いきや、また増えるという苦しい台所事情。
国内カップ戦が無い分、負担は少ないハズなのですがね…。


今回の相手はWest Ham。
先発メンバーですが、Leicester戦からの変更は3箇所。
Henderson、Wijnaldum、Shaqiriに代えてMilner、Fabinho、Lallanaを起用しました。
懸案の右SBにはサスペンション明けのMilnerが復帰。ちなみにHendersonは軽い筋肉系のトラブルがあり、安全を見てメンバーから外したとのことです。

結果は1-1のドローで終わったもののパフォーマンスに関してはどこを取ってもWest Hamに負けていたように感じました。
ボールへの寄せの速さと激しさ、攻守の切り替えの速さで相手に上回られてしまい、後手に回らされる場面が目立ちましたね。

まずFabinho、Lallana、Keitaの3枚での中盤の構成はディフェンス面で軽い印象を受けました。
特にボールロスト直後のHammersの縦方向の動きに対してその勢いを殺すことが出来ず、ズルズルと引き摺られるような形でゴール前までボールを運ばれてしまうシーンが多かったですね。
また、オフェンス時のKeitaとLallanaは2人揃って前に出過ぎてしまい、Fabinhoとの距離が開きすぎてしまった場面も何度か見られました。

Kloppのコメント。
=============================

─ 試合について

私は今回のようなポイントを落とした試合のことは考えません。
自分たちに与えられたものを受け入れますよ。今夜はそれが1ポイントであったということで、試合前のポイントから増やせたのですから私は満足しています。喜び過ぎているか?いやもちろん喜んではいませんよ。我々は勝利を望んでいます。ですが試合前からそれがとても難しくなることは分かっていましたし、それに今日は雪が降り始めていましたからね。これは簡単にはなりませんよ。
雪は実際には問題にはなりませんでした。唯一の問題は、雪がピッチ上に残っていた場合でしょう。そうなれば現実的な問題になっていました。ボールが転がらなかったところはご覧いただけたと思いますが、もし試合の70〜80%の時間ボールを支配していたら本当に不快になりますよ。

そんな試合でも我々は素晴らしいゴールを決めました。ファイナルサードではLeicesterの2ラインの間でプレーすることが出来ましたね。これは先制点に絡む場面でも出来たのです。その後もすぐに同じ状況を作ることが出来ました。その場面でのラストパスは完璧ではありませんでしたが、我々はそういう状況を作ったのです。
ですがLeicesterのようなチームのディフェンスのサイドを崩すには決定的なエリアでスピードを上げなければなりません。正確な理由は分かりませんがそれをやっていない時がありましたし、難しくて出来ていない時もありました。ボールをしっかりコントロールして非常にコンパクトなディフェンスフォーメーションを通すパスを出さなければならないのです。前半はそれもあってあまり多くのチャンスを掴むことが出来ず、そして相手にゴールを与えてしまいましたね。プレー時間は1分あったのですから、もし我々がカウンターを仕掛けたりボールをキープしていれば全て良かったのです。ですが人生とはこんなもので、犯したミスはほとんどの場合そのツケを払わなければならないのです。フットボールも常にでは無いもののまさにそんなものです。
今回は相手にフリーキックを与えてしまいました。1本目は防ぎ、2本目も防ぎましたが、3本目はChilwellがしっかり分かっていてボールを前に戻したいと考えていましたね。それでMaguireが決めることが出来たのです。

11日間の充分な休養を経て臨む試合でしたから当然良い内容と結果を期待していましたが、残念ながら3ポイントを積むことは出来ませんでした。
一足先に試合を消化したCityがBournemouthを相手に取りこぼしていたので差を広げるチャンスだったんですけどね。


今回の先発ですが、Palace戦からの変更は2箇所。
MilnerとFabinhoに代えてWijnaldumとShaqiriを起用しました。
そして懸案となっている右SBにはHendersonが回りました。
ベンチにはLovrenやFabinhoが戻って来ています。


開始直前まで雪が降る厳しいコンディションではありましたが、選手たちは立ち上がりからハードワークをしてくれましたね。
選手たちの動きにはPalace戦の前半のようなモッタリとしたところが無く、キビキビとした動きとテンポの良いパス回しでペースを掴んでくれました。

Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[02/11 daxi さん]
[01/24 ボーヤ さん]
[01/04 ボーヤ さん]
[12/29 ボーヤ さん]
[12/22 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
01 2019/02 03
S M T W T F S
1
3 5 7 8
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
Search