[1883]  [1882]  [1881]  [1880]  [1879]  [1878]  [1877]  [1876]  [1875]  [1874]  [1873
昨シーズンのPremier Leagueを19位の成績で終わり、降格の憂き目に遭ってしまったStokeからShaqiriを獲得したことが発表されました。

契約期間は5年、契約金額はこのご時世にしては破格の1,350万ポンドと見られています。
そして背番号はCanが付けていた23番を引き継いでくれています。
World Cupでスイス代表をベスト16まで牽引した後、休暇を返上してチームに合流してくれました。


彼の獲得を狙ったのは今回が初めてではありません。
Rodgers前監督の時代にも獲得に動きましたが、Bayernがそれを認めず。1年越しで再アタックするも今度は本人がInterを選ぶという結末となりました。
本人もLiverpool入りを希望してくれているものと思っていたので非常に落胆しましたし、縁がなかったのだろうと諦めていましたが、4年の歳月を経てようやくLiverpoolにやって来てくれました。


彼に対して持っている印象は、何と言ってもあの筋肉でしょう。腕周りの太さはフットボーラーのものとは思えません(苦笑)

小柄な選手ではありますが、あの鍛え上げられた肉体と体幹を活かして簡単には潰されず、しかも足元の技術もあるのでボール運びは上手いですよね。
主戦場は右サイドでしょうが、2列目ならどこでも出来る自在性がありそうです。
今のチームに非常に良く合うでしょう。


Stokeで3シーズンを過ごしていますからPremier Leagueでの経験も十分。
これは良い補強になりそうですね。


Shaqiriのインタビュー。
=============================

─ Liverpoolにようこそお越し下さいました。今回の契約を終えた今、どれほど喜んでいらっしゃいますか?

ありがとうございます。このクラブの一員となれたことをとても嬉しく思います。ここは偉大な歴史があり、有名な選手と素晴らしい監督がいるビッグクラブですから、ここに来れたことをとても喜んでいますし、ハッピーな気分ですね。


─ この夏、あなたには選択肢がありましたが、なぜLiverpoolがご自分に相応しいクラブだと思われたのでしょうか?

選手としてはフットボールの大きな舞台に立ちたいと常に願うものです。数年前もここに来ることを僕は願っていましたが実現はしませんでした。ようやく今ここに来ることが出来てとても嬉しく思いますよ。
自分を成長させたいとも思っていますし、ベストの状態になってタイトルを手に入れたいです。そのために僕はここに来たのです。


─ 移籍が叶うかもしれないとあなたはずっと願っていらっしゃったのでしょうか?

落胆していたのはもちろんです。僕が以前に所属していたクラブは当時、僕の放出を望みませんでした。
ようやくここにたどり着けたことを嬉しく思いますし、スタートを切るのが待ちきれませんね。


─ Jurgen Kloppはここはあなた自身をプッシュする上で完璧な場所だと言っていましたが、そのことはあなたがここに来たいと望む理由の一部になられたのでしょうか?

監督のことはドイツにいた頃から知っています。彼がDortmundを率いていた時ですね。僕がBayern Munichにいた時に対戦しましたが、試合はいつもビッグゲームになりましたね。監督の存在はここへ来るにあたっての大きなポイントでした。彼のフットボール、彼のやり方、チームのマネジメントの仕方は好きですよ。僕は常に彼のファンでしたし、彼との再会を嬉しく思います。


─ 彼のパーソナリティだけでなく、コーチングスタイルも選手たちへのアピールとなっているのでしょうか?

彼には偉大なパーソナリティがあります。最も重要なのは試合に勝ち、大会で優勝することです。彼はそれに飢えています。彼がここに来てからチームがどのように進歩して来たかは目にすることが出来ます。タイトルを獲得するために最良の道のりを歩んでいますし、それが僕がここにいる理由です。タイトルを取りたいですね。僕たちは多くのものを達成出来ると考えていますよ。


─ あなたは成長を望み、彼は選手を育てるのが上手いとなれば、ここで成長は間違いありませんね?

彼らは昨シーズン、非常に良い1年を過ごしました。彼らがChampions League決勝で敗れたのはとても残念に思いましたが、あれもフットボールですね。
僕は新シーズンを楽しみにしています。またあれをみんなで出来ることを願っていますし、最後はタイトルを掴めることを願っていますよ。


─ 同じ国の中での移籍は今回が初めてになりますが、これはすぐに全力疾走する上での力になると思われますか?

3年間Stokeでプレーして来ましたし、このリーグのことも理解しています。ここに来れたことを僕はとても嬉しく思っていますよ。
僕は成長を望んでいる選手ですし、ここは僕にとってチームの力となり、クラブにタイトルをもたらす力となれる最高の場所です。


─ Anfieldはこれまで3度プレーしていますから初めての場所というわけではありませんが、敵の選手としてAnfieldはどんなインパクトがあったのでしょうか?

素晴らしいスタジアムですね。Stokeにいた時にプレーしましたが、素晴らしい雰囲気がありますし、素晴らしいファンがいますね。その雰囲気を楽しめることを願っていますし、チームと共に彼らに何かを返せればと願っています。僕たちなら彼らに多くの幸せと成功をもたらすことが出来ますよ。
敵としてこのスタジアムでプレーした時は常に厳しかったです。それは分かっていましたし、今も分かっています。ですからこれからこの家族の一員となり、このスタジアムで他のトップチーム、良いチームと対戦することをとても嬉しく思いますし、彼らのために良いパフォーマンスを見せたいと思います。


─ 私たちはあなたの両腕をクロスするゴールパフォーマンスをよく見ていますが、Kopの目の前であのパフォーマンスを初めて披露する時はどのように感じると思われますか?

観客の前で初ゴールを決める時は素晴らしい気分になるに違いありません。スタートを切るのが待ちきれませんね。


─ Liverpoolではアタッカーのポジション争いが間違いなく激しくなりますが、チームに入るためのチャレンジを楽しみにしていらっしゃいますか?

フットボールではどこでもチャレンジがあります。もちろんLiverpoolにはトップクラスの選手や非常に優秀な選手がいますし、若い選手もいますからね。どの選手にとってもポジション争いは厳しいですよ。
僕はここに来ることが出来たことをとても喜んでいますし、自分には自信があります。
一番大事なことはチームとなることであり、チームとして勝利を収めることです。タイトルを取るのはピッチに立つ11人だけでなく、それ以上の選手で取るのです。
ここに来れたことを僕は本当に嬉しく思っていますし、自分のことを見せたいと思います。


─ Mohamed SalahのことはBaselにいた頃から少しご存知だったと思いますが、一緒に過ごした短い時間にはどんな記憶があるのでしょうか?

彼のことはあまり知りませんでしたが、僕がBaselにいた時に彼はトレーニングに来てトライアルを受けていましたね。2、3度トレーニングに参加して、そこで一緒にトレーニングをしましたよ。その後僕はBayern Munichへ行き、彼はBaselに残ったんです。
ここで彼に会えて嬉しいですよ。昨シーズンの彼は素晴らしい1年を過ごしましたし、今年もそれを続けてくれることを期待していますよ。


─ 昨シーズン、ニュートラルな立場でLiverpoolのプレーの仕方を見ていてどれほどのスリリングを感じたでしょうか?

高いインテンシティがある素晴らしいフットボールでしたね。僕はずっとJurgen Kloppのファンでしたから、ここに来てチームの一員となれたことが本当に嬉しいです。このフットボールクラブに完璧にフィットすると思いますよ。


─ あなたの目標は明確になっているようですね。ここでタイトルを取りたいと…。

もちろんです。タイトルが欲しいです。それが僕の野心ですね。Bayern Munichの頃から勝ち方は分かっています。僕たちは3冠を達成しましたが、あれは素晴らしい気分でした。僕たちならたくさんのタイトルを獲得出来ると僕は自信を持っています。ファンもタイトル獲得に相応しいです。
きっと良いシーズンを送ることが出来るでしょうし、タイトル獲得にハングリーでありたいですね。


─ 今日このクラブに入団したあなたからLiverpoolファンに向けたメッセージをお願いします。

ただこのクラブの一員となれたことを嬉しく思っていると言いたいですね。ファンに会うのが楽しみで仕方がありません。これから僕たちは素晴らしい時間をたくさん過ごすことが出来ることを願っていますよ。

=============================
COMMENT
お名前
コメント
パスワード(コメントを後で編集する場合に必須です)
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[12/09 高 たかし さん]
[11/16 ボーヤ さん]
[10/30 ボーヤ さん]
[10/26 管理人 富樫 さん]
[10/20 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
3 6
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Search