[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
ここのところチームが噛み合い、長い混迷からようやく抜け出した感のあるUnited。順位こそLiverpoolの方が上ではあるものの、上昇気配からすればここまでリーグ戦6連勝で進んで来たUnitedの方が上かなと思える現状。
前半に奪った先制点を守り、90分間逃げ延びてくれるかと思いましたが残念ながらそれは叶いませんでしたね。


今日の先発ですがSouthampton戦からの変更は4箇所。
Karius、Clyne、Lucas、Sturridgeに代えて、Mignolet、Alexander-Arnold、Henderson、Origiが入りました。
ClyneはSouthampton戦で肋骨部分の筋肉を負傷したとのこと。United戦の前日練習には参加出来ており、その上で今回の欠場を決めたとのことではありますが、そう長引くことは無いのではないかと思います。早く帰って来て欲しいです。
リーグカップもいよいよ準決勝。
相手はいくら主力を引き抜いても弱体化しない(?)Southamptonです。
彼らに敬意を込めて言いますが、そこから何度でも這い上がり再びLiverpoolを苦しめる姿はまるでゾンビのようです。
そして今回はまたしても彼らに苦しめられる結果となりました。
先日神田明神で手に入れた勝守の効力はどこに…?


今日の先発ですが、タイトルが見えて来た重要な一戦ということもあって主力組を戦列に戻しましたね。連続出場を果たしたのはKariusとLucas、Canの3名のみ。
そしてManeのいない右ウィングにはLallana、アンカーにはLucasを配置しました。
またベンチにはCoutinhoが戻って来ています。
ヨーロッパの大会が無いLiverpoolにとっては大事な大事なFA Cup。
過密日程の中、若手を使いながらどう勝ち上がって行くかは毎年頭を悩ませますね。
昨年に引き続き若手主体で臨んだ試合になりましたが、残念ながら昨年に引き続き再試合をする羽目になってしまいました。
ひょっとしてKloppにとってFA Cupは鬼門なのかも?…なんて。


初戦は4部リーグ所属のPlymouthが相手。
今日の先発ですが、Sunderland戦からはCan以外全ての選手を入れ替えました。
WoodburnやEjariaなど若手主体のメンバーとなったこの試合は、Liverpool史上最も若い年齢構成で臨んだ試合となったようです。

Cityとの激戦から中1日で200km以上離れたアウェイへの遠征。
これで1ポイント持ち帰ることが出来たことを良しとしなければならないのかも知れません。
ただ2度リードしながらも2つのPKでドローに持ち込まれたと言うのは正直勿体ない気がしましたね。


今回は降格圏に沈むSunderlandが相手。
先発はCity戦で負傷離脱したHendersonをSturridgeと入れ替えたのみでした。そのHendersonのポジションにはCanが入りましたが正直攻守両面に渡って見劣りはしてしまいましたね。
明けましておめでとうございます。
皆様にとって2017年が素晴らしい年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

そしてLiverpoolにとってはタイトルを目指して勝負を賭ける1年となります。
目下国内リーグは首位Chelseaから6ポイント差の2位と好位置に付け、またリーグカップは準決勝まで駒を進めています。これから始まるFA Cupも含め、Klopp体制初の戴冠を実現してもらいたいですね。
それが出来る陣容は揃っていると思います。


さて今回は現地時間では年末、日本時間では年始に行われたCityとの試合です。
次の試合が迫っているので手短に(謝)
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Entry
Recent Comment
[05/16 高 たかし さん]
[02/06 ボーヤ さん]
[01/06 ボーヤ さん]
[12/09 ボーヤ さん]
[12/02 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 9 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 24 25 26 27
28 29 30 31
Search