[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
インターナショナルブレーク明けでランチタイムキックオフ。相手はアウェイのCrystal Palace。
正直なところ嫌な印象しかありませんでしたが、チームは勝負強さを見せてくれましたね!


今日の先発ですが、前回からの変更は2箇所。
Can、Chamberlainに代わってHenderson、Wijnaldumが出場しました。
Canは腰の痛みがまだ残っているようで今回は出場見送り、Gomezも代表戦で足首を痛めてしばらくは出場出来ません。

一方、プレシーズンのTranmere Rovers戦以来、ずっと腰の痛みに苦しんで来たClyneがようやくベンチまで戻って来てくれました。
彼の復帰は再び始まる過密日程を切り抜けて行く上で助かりますが、マッチフィットネスをここからどれだけ上げて行けるかが課題になりますね。

Kloppのコメント。
=============================
彼(Salah)のことを質問してもらっても構いませんが、答えは既に出ていますよ!
4つのゴールで彼は答えを出してくれていますし、その上で私にどう思うかと聞くのであれば、極めて例外的なことだったと思いますね。
非常に難しい試合でまた良いパフォーマンスを見せてくれました。とても印象的なプレーでしたし、今夜の厳しいコンディションにも上手く対応してくれましたね。
チーム全体がそうであったというのはもちろんですが、先制点の場面ではMoが特別であったことに触れておきます。とてもスリッピーなピッチでみんなが影響を受けていましたが、Moはそうではありませんでした。あのゴールは非常にスペシャルなゴールでしたね。

2点目はSadioからRobboへの最高のパスと、最高のクロス、最高のスプリントから生まれました。
3点目は素晴らしい場面で、MoからRobertoへ繋がりましたね。
4点目と5点目も見事でした。
ですから全ゴールが最高レベルのものであったとしなければなりませんね。

前節の敗戦からの仕切り直しとなる1戦。
相手は今シーズンの開幕戦でシーソーゲームを演じられた挙句、3-3のドローに持ち込まれたWatfordです。
過去には0-3での敗北を喫したこともあり、厄介な相手であることは間違いありません。



今日の先発ですが、前回からの変更は4箇所。
Trent、Lovren、Milner、Chamberlainに代わってGomez、Matip、Henderson、Wijnaldumが起用されました。
なおLovrenは足首を負傷した模様です。



試合の方ですが、結果的にはSalahの4ゴール固め打ちを含む5-0の圧勝に終わりました。

オフェンスに関しては、Liverpoolの持つスピードを遺憾無く発揮して相手ディフェンスを切り崩してくれましたね。

3バックでこの試合に臨んだWatfordは前目から積極的にプレスを掛けて来ました。
何度かこのプレスに引っ掛けてしまいましたが、Liverpoolは両WBがあまり下がらないことを逆手に取って何度も相手CBの脇のスペースを活用してくれましたね。
ここでWatfordディフェンスをかき乱したことが奏功しました。


Kloppのコメント。
=============================

─ 結果は妥当なものだったかどうか

相手が2得点し、こちらが1得点したということであれば、これが結果というものです。結果的に引き分けで終わったとしても、大きな論争になることはないと思います。
2つの失点の場面は好ましいものではありませんでした。選手を1人にしてはいけないのです。

Romeu Lukakuは何度かヘディングで競り勝てていました。その後は対応出来ましたが、2つの失点の場面では出来ていませんでしたね。近くにいてセカンドボールを拾わなければならないことはみんな分かっていますし、練習ももちろんしています。ですが我々は近くにいなかったのです。
相手は2得点しましたが、これが試合中のあらゆる点において大きな影響を与えてしまいました。一方のチームには大きな力となり、もう一方のチームには大きな打撃となってしまったのです。

2位Unitedとの直接対決。
勝てば順位が入れ替わる大事な試合でした。
ここのところ攻守両面がしっかり噛み合い、結果を残していただけに今回も大いに期待していたのですが…。


先発メンバーですが前回からの変更は5箇所。
Gomez、Matip、Moreno、Henderson、Lallanaに代えてTrent、van Dijk、Robertson、Chamberlain、Salahが出場しました。
HendersonはPorto戦で太腿を痛めたせいでこの日はベンチ止まり。後はこの日に備えた人選だったと思います。


試合の方ですが、今日はUnitedにLiverpoolのストロングポイントを全て封殺されてしまったように感じましたね。

まずトップスコアラーのSalahはYoungの密着マークでほぼ完璧に封じ込められてしまいましたし、ここのところ足元の巧さで攻撃の起点となってくれていたChamberlainもスペースの無いOld Traffordに埋もれてしまっていました。 

Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[05/29 ボーヤ さん]
[05/28 No Name さん]
[05/28 hatto8107 さん]
[05/21 ボーヤ さん]
[04/24 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Search