[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
出来ることならもう少し万全な状態で迎えてもらいたい試合でしたが、この殺人的なスケジュールではどうしようもありませんね。
それでも出場した選手たちは、今回で231回目を迎える伝統のダービーで気迫のこもったプレーを見せてくれました。


今日の先発メンバーですが、前回からの変更は5箇所。
Trent、Robertson、Chamberlain、Salah、Firminoに代わってClyne、Klavan、Wijnaldum、Ings、Solankeが入りました。
この過密日程の中、Cityとの決戦に向けて主力を温存することになりましたね。
ベンチメンバーはMastersonやJones、Camachoなど若手がズラリ。そして当初ベンチ入りが予定されていたMorenoは直前のウォーミングアップで太腿を痛めて戦線を離脱することになりました。
また負傷者が出るとはいよいよ厳しくなって来ましたね…。
というか今日のMorenoはベンチじゃなくて先発じゃなかったのかと(苦笑)
Klavanを選択したあたりにKloppの今日の試合に臨むテーマが見えたように思いました。

Kloppのコメント。
=============================

─ パフォーマンスとしては完璧だったか

本当に良いパフォーマンスでした。
前後半で異なる展開になりましたが、前半の我々は全ての部分において非常に活発でしたし、スペースを完璧に活かし、ギャップを埋めるために非常に精力的にプレーしていましたね。
こういうあまり深く守り過ぎない支配的なディフェンスではピッチ上の適切なエリアにいることになり、そこでボールを奪えば相手が空けてしまったスペースを使えるというビッグチャンスが待っています。
スペースを使うことが出来ず、またすぐにコンパクトな陣形になる時は今回のような素晴らしいパターンでフットボールが出来ませんからね。それは不可能なのです。
我々は本当に上手く活かすことが出来ましたし、そこから3つの素晴らしいゴールを決めることが出来ました。

後半は枠内シュートを打たせないディフェンスをしました。非常に深く守り、集中していましたね。
そういうフットボールも好きではありますが、ボールを持った時はもっとフットボールらしいプレーをしなければなりません。それは明白ですよ。
我々はそういうプレーが出来るのですから、まだ改善すべき部分はたくさんあるということです。ですが結果が一番大事だというのは当然のことですね。

いよいよChampions  Leagueも準々決勝まで登って来ました。
さすがにどのチームも強力で、どこと当たると楽だとか厳しいというのも無いのですが、Cityは正直避けて欲しい相手でしたね(苦笑)
互いの手の内を知り尽くしているだけにどうにでも転びそうな気がしましたし、そろそろ他の国の強豪と当たってどのくらいやれるのかを見てみたいと思っていましたので…。


今日の先発ですが、前回からの変更は2箇所。
Matip、Wijnaldumに代わってLovren、Chamberlainが出場しました。
Matip、Lallana、Canなど故障者が続出しており、この大舞台にトップチームの経験がないMastersonを置かざるを得ない状況。好調が続くLiverpoolではありますが、それを遮る試練が近づいているように感じますね。



Kloppのコメント。
=============================

─ 結果とパフォーマンスについて

大変な試合でしたね。非常に激しく、非常に難しい試合でしたが、最終的には3ポイントを取ることが出来ました。
もちろん序盤は我々にとっては完璧ではありませんでしたよ。最初のチャンスはCrystal Palaceが掴みました。ここはロングボールを通されたところをKariusが見事に止めてくれましたが、次のロングボールはフィフティフィフティのシチュエーションでしたね。その場面を見直してはいませんが、双方共に危険なプレーをしてしまいましたし、Kariusが相手に触ったのは間違いありませんでした。Crystal Palaceに与えられたペナルティは試合を難しく、仕事を難しくしましたね。
それでもなおプレーを続けなければならず、前半も我々はそうしたのですが十分な回数はありませんでした。またそのいくつかの場面では内容的にも十分という訳でもありませんでしたね。
それ以外の場面ではHenneseyの前で良くやっていたと思います。

インターナショナルブレーク明けでランチタイムキックオフ。相手はアウェイのCrystal Palace。
正直なところ嫌な印象しかありませんでしたが、チームは勝負強さを見せてくれましたね!


今日の先発ですが、前回からの変更は2箇所。
Can、Chamberlainに代わってHenderson、Wijnaldumが出場しました。
Canは腰の痛みがまだ残っているようで今回は出場見送り、Gomezも代表戦で足首を痛めてしばらくは出場出来ません。

一方、プレシーズンのTranmere Rovers戦以来、ずっと腰の痛みに苦しんで来たClyneがようやくベンチまで戻って来てくれました。
彼の復帰は再び始まる過密日程を切り抜けて行く上で助かりますが、マッチフィットネスをここからどれだけ上げて行けるかが課題になりますね。

Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[04/03 あおげん さん]
[03/22 ボーヤ さん]
[01/04 ボーヤ さん]
[01/03 Tam さん]
[12/05 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 3 5
8 12 14
15 16 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Search