[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
昨年までU23のコーチを務めていたMichael Bealeがアカデミーコーチとして復帰することになりました。
ただし、U23にはNeil Critchely、U18にはGerrardがそれぞれコーチとして就任していますので、アカデミー全体のヘッドコーチとして戻って来るようです。


ブラジルSao Pauloでアシスタントマネージャーに就任すべく昨年12月にLiverpoolを去ったBealeでしたが、情報によると途中でクラブの方針の変化を感じ、それを信じることが出来なくなってしまったとのこと。
その方針の変化の詳細については語られていませんが、わずか半年で契約を破棄するくらいですから余程のことだったのでしょう。


将来の監督就任のために異国の文化、言語を経験しておきたいという理由でブラジルへ渡りましたが、その道半ばで戻って来てしまったのは少し残念ではありますね。
ただ思うような仕事が出来ないのであれば、長居しても時間が勿体ないですからね。
いろいろ考えた末での復帰なのでしょうから期待したいです。


Trentなどトップチームに昇格したわかてを指導したBeale。まぁ全てがBealeの功績という訳ではないでしょうが、復帰後はまた優秀な選手をどんどん輩出出来るよう良い仕事をしてもらいたいですね。

Kloppのコメント。
=============================

─ Maneの退場について

アクシデントでしたね。とても不運な状況でした。Sadioがキーパーを見ていなかったのはもちろん誰もが分かっていると思います。
彼がキーパーを見る時間は1秒もありませんでしたが、いずれにせよ彼はただ出来るだけ早くボールを取りたかっただけだったのです。その結果あのアクシデントが起こってしまい、レッドカードが出されていましました。それを覆すことは我々には出来ませんよ。相手キーパーには大きな怪我でないことを願います。ピッチに全員が入った最初のタイミングはシリアスな状態のように見えましたが、試合後にはベンチに戻って来ていましたから、上手くいけば私が言ったようにあまり大したことはないのかも知れませんね。


─ 試合後のManeの反応について

彼はとても、とても動揺していますよ。彼を落胆させないようには出来ませんでした。あの状況に対して彼はショックを受けましたし、レッドカードが出されるとは思っていませんでしたから、そういう決定がされたことについてもショックを受けていると思います。足の位置が変わっていれば、キーパーのファウルだったと言うことも出来ます。
ですが私に言えることはありません。結果的にはあのプレーはレッドカードになりましたし、多くの人がそれぞれにあれが正しい決断だったという意見を持っていると思います。それを我々は覆すことは出来ないのです。もちろん今日の試合においてあの決定は大きな影響を与えることになりましたけどね。

開幕から3試合連続ゴールで、8月のリーグMVPを受賞したMane。
最高のスタートを切った彼にまさかこんな落とし穴があろうとは…。
今日の相手はManchester City。
代表戦を挟んでいるとは言え、Arsenal戦に続いてビッグマッチを消化するのはなかなか大変ですね。

先発ですが、前回からの変更は3箇所。
Karius、Gomez、Lovrenに代わってMignolet、Trent、Klavanが入りました。
Lovrenは代表戦での疲労残りを考慮して先発を外されました。またベンチには新加入のChamberlainが入っています。

一方、移籍騒動に揺れたCoutinhoは体調こそ問題ないものの、代表戦前にチームをしばらく離れていてチーム練習に参加した時間が少ないということでベンチにも入りませんでした。


代表戦を終えた選手たちがMelwoodに戻って来てくれています。
特に大きな怪我もなくみんな無事に帰って来ることが出来て良かったですね。

そんな中に移籍期限最終日に代表合宿の地でLiverpoolへの入団を決めたChamberlainがいます。

あの時は軽い挨拶程度のメッセージを残してくれただけでしたが、今回Melwoodで新人恒例のロングインタビューに応えてくれています。


「100%を捧げる」と全力でのプレーを誓ってくれる選手はたくさんいますが、なんとChamberlainは1割増しの「110%を捧げる」宣言をしてくれました(笑)

ポジション的にはライバルが最も多い激戦区となりますが、いろんな使い方も出来る楽しみな補強です。
Hendersonなど代表でも一緒にプレーした選手が多いのでチームにもすぐ馴染んでくれると思います。

いきなりStandard Charteredの月間MVPを受賞するという結果を出したSalahに負けないよう、良いパフォーマンスを見せてもらいたいですね。

先日発表されたCLグループステージ登録選手にClyneが含まれなかったことについてKloppがコメントしてくれています。

背中の怪我としか言われていないので具体的な病名などは分かりませんが、「グループリーグの大半に出場できない」とのことで復帰までまだ3ヶ月ほど掛かる見込です。
これだけ長いリハビリが必要ということは背筋というよりは脊椎かどこかの損傷があるのでしょうかね?

年末年始の過密日程に間に合いそうなのは良いですが、そこまでは何とか若手選手で耐えなければなりません。
今月からリーグカップもスタートして、毎月6~7試合戦う期間が続きます。上手くローテーションしながら怪我しないよう乗り越えて欲しいですね。

Kloppのコメント。
=============================

Nathanielは懸命にリハビリに取り組んでくれていますし、彼の回復状態はしっかりチェックしていますが、実際には復帰して試合に出場するまでにはまだ時間が必要だと見込んでいます。復帰まで数週間は掛かるだろうという話ですので、我々は引き続き状態を観察し、診断していきますよ。
グループステージの試合の大半に出場できないのは間違いありません。
新年からのUEFAの大会に我々が残ることが出来れば、彼はチームに加わることになるでしょう。

メディカルスタッフは彼の回復ぶりに満足していますし、Nathanielはあまり怪我で欠場したことがないにも関わらず、非常に強い姿勢を見せてくれていますよ。

我々にとってポジティブに考えられるのは、JoeとTrentがどれだけ成長してチャンスを掴んでくれるかということですね。

=============================
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[09/12 悪即斬 さん]
[09/04 悪即斬 さん]
[08/16 悪即斬 さん]
[05/16 高 たかし さん]
[02/06 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 8
11 12 16
19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Search