[1909]  [1908]  [1907]  [1906]  [1905]  [1904]  [1903]  [1902]  [1901]  [1900]  [1899
Kloppのコメント。
=============================

─ Liverpoolは1ポイント手にするに値したと感じたか

もちろんです。1ポイントに値していましたよ。我々は勝てたかもしれませんが、結果は全く問題ありませんね。両チーム共1ポイントに値していましたが、我々の方がチャンスはありました。水曜の試合はもっとチャンスがありましたよ。Chelseaは凄いチームですし、彼らを相手にプレーするのは本当に難しいです。ですが率直に言って選手たちは非常に印象的なプレーをしてくれたと私は思いましたね。


─ Sturridgeの現在のクオリティについて

3日前も同じようなシチュエーションがありましたが、シュートはクロスバーを叩きました。
彼は素晴らしいフットボーラーですね。プレシーズンを完璧に消化してくれて、今は私が彼を知って以来最高のコンディションにあります。それは単純なことではありますが素晴らしいことですよ。彼には本当に満足しています。一生懸命に努力してくれていますし、20分後くらいにドレッシングルームに入って来た時の彼はただの良い奴でしてね。選手たちはみんな彼のことを喜んでとても騒がしかったですよ。今の彼は本当に良い状態だと思います。




─ Liverpoolが逃したチャンスについて

落胆しているか?それはよく分かりませんが、フットボールとはこういうものですよ。良いフットボールチームは…我々は間違いなくその良いチームでしたが…チャンスを作ります。それを活かすこともあれば逃すこともあるのですが、そういうものですよ。いつだってチャンスはこれ以上手に出来ないというより次は得点出来るという方が近いのです。
今の我々は良いフットボールをしていますよ。
Chelseaのことや彼らがどんなに良いプレーをするかについてはいろいろと話をして来ました。今回も良いプレーをした訳ですが、我々は素晴らしいディフェンスを見せることが出来たと思います。

我々も良いプレーをしましたが、Chelseaのようなクオリティの高いチームを相手にボックス内でそれをやるのは全く簡単なことではありません。ですがそれでも我々はやりました。6、7度だと思いますが、我らはビッグチャンスを作りましたよ。私は本当に満足していますし、全ての試合で良い対応、良い反応、良いパフォーマンスを私は望んでいます。今日は水曜日に負けた相手との非常に難しい試合の中で、我々のチームの良いパフォーマンスを見ることが出来ました。
我々が相手に与えたハッキリしたチャンスは1度でしたが、相手はそれを上手く活かし、我々は自分たちのチャンスを活かせませんでした。まぁそういうものですね。ですが今夜のようなプレーをしていれば試合には勝てますよ。それは良いことです。


─ 後半のMohamed Salahの交代は戦術的なものだったのか

負傷者がいない時の交代は常に戦術的な交代ですよ。彼は怪我をした訳ではありません。あなた方がそのことを騒ぎ立てるであろうことは分かっていましたよ。でもそれがフットボールというものです。
今日は間違いなくMoのキャリア最高の試合ではありませんでしたが、今回のような試合、そして今回彼が置かれたようなシチュエーションが常にワールドクラスの選手を育てるのです。失敗したりチャンスを逃したり…そういうことは起こるものですが、先ほども言ったようにそれは問題はありません。
彼には決定力のある選手になってもらいたいですし、今回のようなシチュエーションでゴールを決めてもらいたいと望んでいます。ですが今日の彼はファーストタッチでミスをしているのが皆さんにも良く分かったと思いますし、ボールを良い位置に置くことが出来ていませんでした。彼の足元に置かれたボールはきちんと右側には置かれませんでしたし、そのシチュエーションで彼はパスを選択していました。何故そうしたのでしょう?彼ならシュートを打って決めることも出来たでしょうし、またさらにシュートを打つことも出来たでしょうね。

こういうことは自転車に乗るようなもので、よくあることです。朝、目が覚めたらもうゴールを決められないということもないでしょうし、自転車にももう乗れないということもないでしょう。
そういうものですし、上手く行く時のためにただ努力する必要があるだけですよ。それが今彼が置かれている状況であり、それについては問題ありません。だから全てOKですよ。


─ 今は自由に出来る強力な控えメンバーを手にしているのかどうか

選手たちがフィットしている限りは手にしていると言えますね。今はまだスカッドにも入れていないながらも優秀な選手だっていますよ。スカッドに入れないというのは選手たちにとってあまり良いことではありませんが、我々にとっては良い状況です。この状況が続き、激しい戦いに向けて準備出来ると良いですね。そうでなければ少し困難になるでしょう。ですが今日のような試合はとても気に入っていますよ。これがフットボールのあるべき姿ですよ。

1-0になれば一方のチームが試合をコントロールし、そしてもう一方のチームは攻撃することを望まないものです。そうならなかった今日の試合は両チームにとって本当に素晴らしい争いになりましたし、私はこういう試合を好んでいますよ。
さぁこれから家に帰って休み、ナポリに飛ぼうじゃありませんか。

=============================


ここ数年は先発組が攻めあぐねるような試合を打開する力を持った控えメンバーはなかなかいなかったのですが、今シーズンのチームの層の厚さがそれを可能にしています。

中でもSturrigeのスーパーサブ的な活躍はチームにとって本当に頼もしい限りですね。
これまで怪我がちであったSturridgeに何が起こったのかは分かりませんが、今シーズンは絶好調のように見えますし、このまま主力メンバーをしっかり支え続けくればシーズンが終わる頃には最高の結果を手に出来るのではないかと期待しています。
COMMENT
お名前
コメント
パスワード(コメントを後で編集する場合に必須です)
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[12/09 高 たかし さん]
[11/16 ボーヤ さん]
[10/30 ボーヤ さん]
[10/26 管理人 富樫 さん]
[10/20 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
3 6
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Search