[1867]  [1866]  [1865]  [1864]  [1863]  [1862]  [1861]  [1860]  [1859]  [1858]  [1857
Kloppのコメント。
=============================

─ 試合展開はどうだったか

もしセットプレーだけのPremier Leagueを作ったとすれば、West  BromがChampionshipに行くことは間違いなく無いでしょうね。セットプレーについては彼らは本当に上手いですよ。75分過ぎまでは我々も本当に良く守っていて、セットプレーは彼らが唯一手にしたチャンスでしたね。もちろんRondonを相手にディフェンスをするのは常に難しいですし、Rodriguezも近くにいましたからね。
ですが選手たちは良くやってくれました。本当に良くやってくれましたよ。

我々は先制点を奪いましたが、そこからピッチがどんどん乾いて行ってしまいました。あれはフットボールをするチームにとってアドバンテージとはなりませんね。
それは特にHendoとJoeからダイアゴナルに入って来た素晴らしいパスから得られたDanny Ingsの2度のビッグチャンスの場面で目にすることが出来たと思います。そこからMo、そしてIngsyはゴール前でプレーするようになってしまって、試合を少し難しくしてしまいましたね。


我々は2点目を決めましたが、そこまでは全てが順調でした。
選手たちがメンタル的に試合を終わらせたり、「OK、終わりだ」と言ったようには見えませんでしたよ。
セットプレーが脅威になり得ることは分かっていましたが、実際にそれは起こってしまいましたね。最初の失点はコーナーキックの後でした。その場面を見返してはいませんが、あの失点は我々の1点目に似ているように思いましたね。バン、バン、バンと来て短い距離から打たれてしまいました。
2点目の場面ではファウルはありませんでしたよ。
今回はWest Bromにフリーキックが与えられる場面が何度もありました。失点の場面はファウルではありませんでしたが、相手にとっては手にすることが出来る最高のポジションでしたし、彼らが得意とするポジションでしたよ。そして彼らは2点目を決めました。
今はそれを受け入れなければなりませんね。


─ 火曜日のChampions  Leagueがあることによるラインナップを決めることの難しさについて

正直なところ、そこに難しさはありませんでした。我々に今回の変更が出来た時点でそれは明らかになっていましたよ。過去はこういうことが出来ませんでした。我々にはシーズンを通してTrentとJoe、そしてTrentとClyneyがいました。残念ながらClyneyはまた少し怪我をしてしまいましたが。

明らかなことはRobboが全試合プレー出来るわけではないという事です。Albertoは確かEverton戦でプレーしましたが、残念ながらその後怪我をしてしまいました。Ragnarもしばらく試合に出ていませんでした。Ingsyは時々出場していましたが、Everton戦は違うポジションで先発しました。フィジカル次第で彼らを起用出来た試合があったことは常にはっきりとしていましたよ。それが我々がやって来たことです。


─ Ingsのゴールの個人としての重要性について

Dannyがフィットし、健康で、トレーニングでインテンシティを維持出来ていれば…彼は今までもずっとそれをやって来てくれたのですが…Premier Leagueでゴールを決めることが出来ることは常に明確でした。
ですが我々は彼にあまりチャンスを与えられませんでしたね。あまり良いことではありませんが、それがプロフットボーラーというものでもあるのです。

ゴールを決めたのは素晴らしいことです。彼は非常に脅威となっていましたよ。2度目のチャンスは非常に大きかったですし、今の雨の降った後のような他の場面ではゴールを決めてくれると確信しています。
そしてペナルティの場面にも関与していましたね。今日の試合が彼にとって良い試合であったことは間違いありませんが、非常に厳しいものでもあります。
ですが彼が脅威になり続けていたことは良かったですし、私は満足していますよ。

=============================

そう、2失点目の場面はGomezが軽いプレーでボールロストしたところをHendersonが詰めてくれたのですが、ボディコンタクトが始まる前からすでにBurkeは転びかけていましたからね。向こうから接触して来たような形でしたから、あれをファウルというには無理がありました。主審のAttwellの位置からも良く見えていたと思うのですが…。
それ以外にもHegaziがIngsに腹パンした件もお咎め無しでしたし、ちょっと判定はWBA寄りでしたよね。

まぁ失点の場面自体はLiverpoolもミスっていたので引き分けは受け入れていますが、もうちょいマシなジャッジをお願いしたいものです。


さて、今夜はいよいよAS Roma戦です。
ここまで10戦無敗で勝ち上がって来たLiverpoolと、ChelseaやAtletico、Barcelonaといった強豪チームを相手にホーム戦を5戦無敗無失点で勝ち上がって来たAS Roma。
どちらが強いのでしょうね?

決勝進出のチケットを掴むためにも、まずAnfieldで行われる今夜の試合で、しっかりとしたディフェンスで無失点に抑えてもらいたいですね。
COMMENT
お名前
コメント
パスワード(コメントを後で編集する場合に必須です)
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[08/15 たつを さん]
[08/10 daxi さん]
[07/26 ボーヤ さん]
[05/29 ボーヤ さん]
[05/28 No Name さん]
Twitter
Calendar
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Search