[1833]  [1832]  [1831]  [1830]  [1829]  [1828]  [1827]  [1826]  [1825]  [1824]  [1823
Kloppのコメント。
=============================

─ 結果とパフォーマンスについて

結果よりもパフォーマンスの方によりフラストレーションを感じますよ。結果というものは常にパフォーマンスの結果なのですから。
今夜の我々はあまり良くありませんでした。前半は特にね。自分たちが望むプレーが出来ませんでしたし、ポジションを維持したり、フォーメーションをワイドに伸ばすことが出来ませんでしたね。
相手にトラブルを引き起こすようなポジション取りが出来ませんでしたし、セットプレーのセカンドボールから相手に得点を許してしまいました。
1つ目のセットプレーは防ぎましたが、そこから相手に2つ目のセットプレーの機会を与えてしまい、相手はそれをものにしました。

あの形は今夜のSwanseaがまさに望んでいたものでした。
素晴らしいフットボールを見せることが今夜の彼らの仕事ではなく、ファイトする必要があったのです。我々もファイトすることを望んではいましたが、ボールを持ち過ぎてしまっていて、そこからのプランが必要でしたね。
いや、プランはあったのです。我々が試合開始からやりたいと望んでいたものを取り戻した後半からそれは目にすることが出来たのではないかと思います。
試合開始からそのプランを実行出来ていれば良かったのですが、それが出来ず、試合はより難しくなりました。
彼らは望んでいたものをしっかり手にしていましたからね。スタジアムの声援を受け、彼らは自信を深めて行きましたし、逆に我々は自信を失ってしまいました。時間が経つにつれてプレッシャーは増えて行きましたね。それであのような試合になってしまったのです。


前半にもチャンスはありました。先ほども言ったように前半は自分たちのプレーを見失っていましたが、チャンスはありましたよ。ゴール前にMo Salahを置いておきました。
今夜は自分たちのベストプレーが出来たとは思いませんが、こういう試合に勝つためには相応しいタイミングで相応しいプレーをしなければなりませんね。感じたのは、我々は勝利に値しなかったということです。終了間際にはゴールが決まる可能性もありましたけどね。あれは良い場面でしたし、決まらなかったのは我々にとって不運ではありましたが、もし我々がポイントを手にしたとしても評価のパーセンテージが上がる試合にはなりませんね。


─ 今夜のSwanseaとボクシングデーに5-0で倒した時のSwanseaの違いについて

ボクシングデーの試合後に私は難しい試合だったと言いました。ですが我々は良い時間帯に得点して、それから試合はオープンな展開になりました。ですが今回の彼らは良い状態でファイトして来ましたね。
我々が得点出来なかったことは問題です。逆に相手に得点のチャンスを与えてしまいましたが、あれこそがSwanseaのようなチームが必要とするシチュエーションなのです。ファイトし続け、全てのシュートをブロックする…ポストでもクロスバーでも何でも使ってブロックするのです。
そういうのは私は好きですが、もちろん今回Swanseaを救うためではなく、勝つためににここに来たのです。ですから結果は…そう、すぐについて来ますよ。
ですが前半のパフォーマンスは我々の望んでいたものからは程遠いものでしたね。
後半は少し良くなって、我々のやりたいことがより出来るようになりました。それによってチャンスを作りましたが、活かすことは出来ませんでしたね。
普通はそういうことを試合開始からやる必要がありますし、それが結果により影響を与えるのです。
ですから我々には反撃する必要がありましたが、今日の試合はその時間が充分にありませんでしたね。


─ 前節Manchester Cityを倒した後、チームは物事の正しい考え方が出来ていたかどうかについて

我々には時間が充分にありました。我々に何が出来ると言うのでしょうか?
それについては以前にも話をしましたが、首位に立つチームと対戦し、その後最下位のチームと対戦するというのは多くのチャレンジがあるものです。
その間は誰もがポジティブな話をします。素晴らしいフットボールだったとか、トレーニングが見事だったと言うのです。でもそれはちょっとした落とし穴でもあるのです。

あなた方は「おぉ!何もかも最高だ」と言うかも知れない。それは分かっていましたよ。でも残念ながら私は試合を見返さなければなりません。それで少しはあなた方の言わんとすることが理解出来ることもあるかも知れませんが、そういう感覚には一瞬もなりませんでしたね。
ですが確かに考え方の一部はオフェンスにあります。我々が戦術的規律のことを話題にすると誰もがディフェンスのことを考えますが、それは正しいですよ。ディフェンスは大きな部分になっていますからね。ですがオフェンスのことでもあるのです。特にこういう試合での我々のようなポゼッションチームであればね。

どこからスタートするのか、それぞれの場面でどこにいるべきかは明らかです。これは数学ではありませんが、どのエリアで相手に問題をもたらすことが出来るかは明らかですよ。
Swanseaは今日の試合に勝つ上で我々の助けが必要だったことは分かっているでしょうし、残念ながら我々は彼らを助けてしまったのです。

=============================


City戦のような試合をした後で全くテンションもスタイルも違うチームと戦うのは、想像以上に難しいことなのかも知れませんね。

今更ながらこれまでのようにローテーションを組んでCity戦とは違うチームで臨んだ方が良いパフォーマンスを見せられたのかも知れないと思いました。
どんなチームが相手でも入り方を間違ってしまえばパフォーマンスは悪くなりますし、こういうことが起こり得ることを学べたことはチームとして良かったのかなと思うことにします。


今週末はFA Cup4回戦がありますが、ここで再びしっかりしたパフォーマンスを見せて勢いを取り戻してもらいたいですね。
COMMENT
お名前
コメント
パスワード(コメントを後で編集する場合に必須です)
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[05/29 ボーヤ さん]
[05/28 No Name さん]
[05/28 hatto8107 さん]
[05/21 ボーヤ さん]
[04/24 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Search