[1593]  [1592]  [1591]  [1590]  [1589]  [1588]  [1587]  [1586]  [1585]  [1584]  [1583
かねてから噂に上がっていたBentekeの獲得がようやく決定しました。
移籍金は契約解除に必要な3,250万ポンドを満額支払ったとのことですが、これについては少し高い金額を支払わされた印象が残りますネ。


ただLiverpoolにとってエース級FWの獲得は必須事項だったでしょうし、恐らく選択肢が限られていたであろう中では多少強引にでも取りに行かなければならなかったのだろうと思います。


Bentekeに対しては万能型FWという印象を僕は持っており、彼の活躍を大いに期待しています。
Liverpoolは彼に散々痛い目に遭わされていましたしネ(苦笑)
前に収めどころが出来れば後ろからの攻撃参加は楽になるでしょうし、ドリブルなど結構足元も巧い印象があるので相手を掻き回してチャンスの演出に一役買ってくれるでしょう。
3,250万ポンドが破格値に感じるような活躍を期待しています。

惜しむらくはこれだけ早くから噂されていながらも決定まで時間が掛かり、プレシーズンツアーに出遅れてしまったことでしょう。
他に噂の出た選手が何人かいましたので、ひょっとするとターゲットを絞りきれていない面もあったのかも知れませんし、これまた噂が出てから放出決定まで時間が掛かってしまったSterlingの去就の影響もあったのかも知れませんネ。
前述したようにエース級FWの獲得は必須事項だっただけに、彼の獲得も他の選手同様スパッと決めて練習初日からチームに合流させられれば良かったなと思います。

まぁ相手あってのことですから、あとは限られた時間の中で何とか格好を付けてもらうしかありませんネ。



Bentekeに対して気掛かりな点があるとすれば、比較的縦に速いフットボールをしていたVillaと、どちらかと言うと時間を掛けて攻める(攻めてしまう)Liverpoolの違いがどう影響するかというところでしょうネ。

密集したエリアの攻略を狙うシーンが多くなるLiverpoolにおいては、的確なポジショニングが出来るかや、労を厭わず動き直すことが出来るか、そして狭いエリアでボールを捌くことが出来るかどうかが彼の評価を左右することになるでしょう。
問題なくそこに適応出来れば昨シーズンのチームに欠けていたピースを埋めることが出来るでしょうし、適応出来なければ結果を出せなかったBalotelliやLambertの二の舞となってしまうかも知れませんネ。


Suarezと全く異なるタイプの選手を獲得しておきながら、Suarezがいた頃とさほど変わらないフットボールを追及し続けた監督ですから。
これはもう選手に自分を変えてもらうしかありません(苦笑)

でも何となくですが、この選手はもう一皮くらい剥けそうなイメージがあるんですよネ。
チームのスタイルが変わることで、さらに怖い選手へと成長してくれると嬉しいですネ!


Bentekeのインタビュー。
==================================================

─ Christian、Liverpool FCへようこそ。契約を終えた感想はいかがですか?

このクラブの一員となれてとても嬉しく思います。僕をここに連れて来てくれたオーナーやIan(Ayre)、そしてもちろん監督に感謝したいですネ。



─ 契約書にサインを終えてすぐ私たちはこうして話をしていますが、あなたのその抑えきれない感情について話をしてもらえませんか?

こういうことをした時に湧き上がる感情を表現するのは難しいですが、とても嬉しいですよ。



─ なぜあなたにとってLiverpoolが相応しいクラブだと考えたのでしょうか?

監督と良い会話をして来ましたし、彼のプロジェクトの一員となりたいと思ったからですよ。



─ Aston Villa在籍時にはこの数年でAnfieldでいくつかゴールを決めて来ましたが、今度は赤く染まったLiverpoolのホームサポーターの前ではどうなるとイメージしていますか?

Aston Villaの一員としてAnfieldでプレーした時は素晴らしい気分でしたよ。これからはホームシャツに身を包んでそれが出来るんですから最高の気分になるでしょうネ。



─ Liverpool FCについてはどんなことをご存知ですか?

Liverpoolは大きな物語であると思っています。これまで多くのリーグタイトルを手にして来ましたし、5度のChampions League優勝、そしてもちろんUEFA Ctpや多くのトロフィーも獲得して来しましたネ。それはビッグクラブのものだと僕は認識していますよ。



─ あなたはこの夏クラブが獲得した7番目の選手になりますが、あなたの加入によってチームの強さはどうなるとあなたは考えていますでしょうか?

ここにはクオリティの高い選手がいますし、もちろんビッグネームもいると思っています。そういうチームの一員となれることを嬉しく思っていますし、チームの目標達成の力となりたいですネ。



─ プレシーズンのここ数週間、チームメイトと会うのをどれほど楽しみにしていたのでしょうか?

とても楽しみにしていましたよ。彼らに会って一緒に仕事がしたいですネ。



─ ベルギー代表の仲間であるSimon MignoletやDivock Origiと一緒に仕事をするのも楽しみにしているのではないですか?Liverpoolでの生活についてここ数日彼らとは話をしましたか?

まだしていませんが、彼らに会うのをとても楽しみにしていますし、きっとと僕のことを助けてくれるでしょう!



─ 渡英以来あなたはBarclays Premier Leagueのトップクラスのフォワードに成長しましたが、ご自身をストライカーとしてどのように表現しますか?

自分のことを伝えるのは難しいですよ。他の人から話してもらう方が僕は良いですネ。



─ あなたはまだ24歳ですし、これからLiverpoolで成長してさらに優秀な選手になれると感じていますか?

もちろんですよ。Liverpoolで最高の選手になりたいですし、自分のベストに辿り着きたいですネ。



─ このフットボールクラブでどんなものを成し遂げたいと考えていますか?

僕はタイトルを手にするためにここに来ました。そしてチームと一緒に目標を達成するためにここに来たんですよ。



─ フットボーラーとしてのあなたのモチベーションとは何でしょうか?

タイトルを獲ることです。自分の子供たちに僕がキャリアの中で成し遂げたことを説明出来るようにすることですネ。



─ クラブと契約をかわしてすぐこちらに座って頂いていますが、あなたが最も期待していることとは何でしょう?

いろいろな思いがありますネ。まずチームメイトに会いたいですし、監督やスタッフと共に仕事がしたいですネ。



─ 最後になりますが、Liverpoolにいるサポーターや世界中であなたの成功を願っているサポーターに向けて一言お願いします。

Liverpoolファミリーの一員となれてとても嬉しいですし、みんなを幸せにするために僕は全てを捧げます。そしてサポーターやチームメイトのために一生懸命頑張りますよ。

==================================================
COMMENT
お名前
コメント
パスワード(コメントを後で編集する場合に必須です)
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[10/30 ボーヤ さん]
[10/26 管理人 富樫 さん]
[10/20 ボーヤ さん]
[10/03 ボーヤ さん]
[08/30 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 3
4 7 9
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Search