[2010]  [2009]  [2008]  [2007]  [2006]  [2005]  [2004]  [2003]  [2002]  [2001]  [2000
Kloppのコメント。

=============================

─ チームのパフォーマンスをどれくらい楽しんだか

楽しみ始めたのは25分を過ぎたあたりからでしたね。ようやく自分たちのプレーが出来るようになった頃です。我々にはそれが必要であり、望んでいたことではありませんでしたが、それは起こる可能性があるものです。本当に難しい試合でしたからね。Newcastleは彼らのやるべきことをやって来ました。本当に上手くやっていましたし、カウンターアタックでは常に脅威となっていましたよ。彼らにプレスを掛けるのは困難でした。早くボールを蹴り出して来ましたし、ずっとセカンドボール狙いのフォーメーションを敷いていました。ですが最終ラインの裏を突くスピードもありましたし、さらにはJoelintonのフィジカルが本当に強くて、そういうボールを競り勝って来るのです。彼らはそこからゴールを決めた訳ですが、彼らをオンサイドでプレーさせてしまったのは残念でしたね。それ以外の場面では彼らは明らかにオフサイドでしたが、得点の場面は違いましたね。そういうことが試合を簡単なものにはしないことを我々はみんな分かっています。我々がリズムを掴むまでにさらに15、6分を要しました。試合の序盤に比べてより速くプレーしなければなりませんでしたからね。それをやり始めたらすぐに、我々は自分たちの時間帯にすることが出来ましたね。チャンスを掴み、2つの素晴らしいゴールを決めることが出来ました。
後半に入ってからは試合の中で学び、選手たちに画像をいくつか見せました。これは例えばどこにスペースがあるかと言ったような状況判断を適切に行うことが出来ますから常に役に立ってくれます。



後半は1点しか取れませんでしたが、本当に良いプレーをしていましたし、私はとても好感を持ちました。さほど多くは無かったものの何度か楽しめる場面がありましたし、今日の勝者となるには充分だったと思いますね。


─ Roberto Firminoが出場してからのインパクトについて

センターにSadio、左ウィングにDivを置いてスタートするというのが私の考えでした。今回はあまり上手く機能しませんでしたが、以前は上手く機能したことがありました。ですが今日のように、これほど深く守るチームを相手にした時は少し状況が異なります。だから我々は試合の中で変えたのです。
残念ながらDivが早い段階で足首を捻ってしまい、交代を余儀なくされてしまいました。さほど深刻なものでないことをみんなが願っていますよ。負傷した後もしばらくはプレー出来ていたということは、あまり深刻ではないという証かも知れません。出来ればそうであってもらいたいですね。ですがもちろんBobbyが本来の彼のポジションで出場した時、Sadioはスペースで本当に自由にやれていましたし、今日のMoはフィジカルの強い相手との1対1の勝負で本当に強かったです。SadioとBobbyがポジションをさらに自由に変えていた時や、Moの足元にボールを入れてボックスの中や周辺でワンツーを使って彼を活かしていた時は、我々が試合をしっかりと掌握していました。これは間違いなく大事なことですよ。セカンドボールの競り合いに勝ち、カウンターアタックを受けることもそれほどありませんでした。だから本当に良い試合でしたよ。

先ほども言いましたが、ゴールは本当に素晴らしかったです。1点目はもちろん驚くべきゴールでした。Robboからの良いパスがあって、Sadioが驚くようなフィニッシュを決めてくれましたね。
2点目はボールを奪い返したところから始まり、すぐに相手最終ラインの裏にパスを通し、Sadioがスーパーランからその場所に入ってくれました。
3点目も素晴らしかったですが、得点出来なかった中にももっと良い場面がありましたね。
今日は素晴らしいフットボールが見られましたよ。


─ 早い時間帯のNewcastleのゴールからの立ち直りについて

立ち直ったことについてはあまり嬉しくは思ってはいません。それがやるべき仕事だと考えていますからね。我々は常にベストな日だけを過ごすことが出来る訳ではありません。平均的な日であっても勝たなければならないのです。試合の中から学ばなければなりませんし、それはそういうものなのです。
インターナショナルブレーク後のチャレンジというものは常に普段のリズムを再び探すことなのです。そのリズムが以前あったことは間違いありませんが、その後選手たちはそれぞれ別の国で別のやり方でプレーしたのです。その後我々にはそのリズムを探す作業に1日半貰える訳ですが、それは充分ではありませんし、実際のところはそのために次に来る試合を活かす必要があるのです。確かに我々は何度もそうして来ましたし、だから私は嬉しく思っていなかったりする訳です。我々はそうしなければならないのです。選手たちはそれをやってくれましたし、やってくれたことは良かったです。ですが我々にはもっと時間が必要でしたね。試合は1-0で終わった訳ではありませんし、今はリズムを取り戻して普段に戻っています。本当にもっと長い時間をひつようとしていましたが、問題はありませんよ。失点しない限りは試合の中で取り戻すチャンスは常にあります。もちろんそれが力になることを我々は分かっていますよ。


─ 今シーズンのChampions  Leagueに向けて注目していること、そしてPremier Leagueのためにヨーロッパの試合で選手たちを休ませることはあるかどうかについて

興味深い質問です。どうすれば我々に違うやり方が出来るのかアドバイスはありませんか?私は我々が何をすれば良いかに興味を持っています。大会に差をつけることはありませんし、これまで一度もそうしたことはありません。それは可能性の問題で、誰が出場出来るか、誰をどう起用するか、そしてその者の体調はどうかということが問題です。我々に出来ることがあるとすれば、決断をどのように下すかということだけですよ。ですが正直なところ、ほとんどそれは出来ませんでした。常に我々は少なくとも歩くことくらいなら出来るという選手たちを起用しなければならなかったんですから。
Napoliに行って普段の60、70、80%の力でプレーしますとは言えませんよ。Napoli戦は全く別の試合になるでしょう。今日の試合ほど頻繁にボールを持つことは出来ないと思います。残念ながら彼らは本当に優秀なチームですよ。彼らが今週すでに試合を終えたのかこれからなのかは分かれませんが、明日にはその試合を確認して、彼らを相手に勝つために我々が出来ることを決めますよ。ですが彼らは手強い相手です。本当に優秀なチームですし、以前の対戦では我々に問題を引き起こさせました。今回はその問題が大きくならないようにしなければなりませんね。


─ Joel Matipがペナルティエリア内でJamaal Lascellsのファウルを受けたと感じた際にVARが使われなかったことには驚かされたか

第4審判は使ったと私に言いました。それでもファウルにされなかったことに驚かされましたよ。ですが今回のようなシチュエーションで驚いていても間違いなく何の役にも立ちません。私からすれば明らかにペナルティではありましたが、勝てているのであれば問題にはなりません。もし1-0で我々が負けた状態でここに座っていれば、ペナルティについては異なる話をしていたでしょうね。
ですがあれはペナルティです。あのような形ではボール争いが出来ませんよ。Joel Matipはレスリングのような場面で、空中でひっくり返されていましたからね。
以前の我々はこういうことを決断するのにVARは必要としてい無かったのですから、今使うべきということでもありません。ただ笛を吹いてペナルティスポットからシュートを打てば良いだけですよ。

=============================


26分のCKの場面でMatipが倒されたシーンはどう考えてもファウルが取られるべきだったと思います。
それがVARを使った結果だと言われてしまうと、驚くと同時にVARの運用面に対して不信感しか持てませんね。

Premier Leagueでは今シーズン導入されたばかりのシステムですから上手く行かない面もあるとは思いますが、他の試合でもVAR絡みのミスジャッジが出ているようですので早く是正してもらいたいです。

そして個人的にはこんな具合ならチャレンジ制を導入してもらった方が良いと考えています。


さて、気を取り直して明朝はNapoliとChampions League初戦を戦います。
前回のチャンピオンチームとして登場するのは本当に気分が良いですね。
ただNapoliは簡単な相手ではなく、昨シーズンもグループリーグ最終戦であわや敗退させられるところでした。
今シーズンもプレシーズンとは言え3-0で完敗していますし、グループリーグ最大の敵であることに間違いありません。
アウェイでの戦いということで厳しさは増すと思いますが、何とか勝ち点を拾って帰って来て欲しいですね。
COMMENT
お名前
コメント
パスワード(コメントを後で編集する場合に必須です)
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[08/31 ボーヤ さん]
[08/23 小川大輔ブランコ さん]
[08/09 hatto8107 さん]
[06/29 ボーヤ さん]
[06/07 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
6 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Search