[1965]  [1964]  [1963]  [1962]  [1961]  [1960]  [1959]  [1958]  [1957]  [1956]  [1955
Kloppのコメント。
=============================

─ 選手たちに贈るのはタイトル争いで「パニックになるな」というメッセージになるか

そういうアドバイスを選手たちに贈る必要があるとは思いませんね。すでに彼らには分かっていることですから。もう子供じゃありませんし、自分たちが良いプレーをしてリーグ首位に立つことに驚かされることも全くありませんよ。ですがその場にいれば、そこで起こるあらゆる事象に備えておかなければなりません。
首位に立った時、それがシーズン終了まで残り20試合を残した段階でもみんなから「決まりだ」と言われてしまうことが時にはあるのです。
こういう状況で冷静でいるのはとても簡単なことでした。そこで1ポイントか2ポイント相手を上回っているのは全く重要ではありませんよ。3月の初めの時期に誰がそんなことを気にしますか?
良いことと言えば自分たちがその争いの渦中にいるということです。これは本当に良いニュースになりますよ。
その準備をしっかりやらなければならないということで、私の気分はますます高揚しています。今回もまた我々にとって厳しい試合になったのですからね。どのチームもここに来なければなりませんが、恐らくここは常に勝つのが厳しい場所でしょう。ですが我々にとっては極めて厳しい場所ですよ。今回我々は1ポイント獲得しました。もしどのチームか勝てるチームがあるとすれば、それは1チームだけしかいないと私は思いますね。


我々にはチャンスがありました。荒々しい試合でチャンスを掴んだのです、それもビッグチャンスですよ。ですがそれを活かすことは出来ませんでした。だから1ポイントで終わってしまったのです。このまま続けて行くしかありませんね。


─ 残り9試合には更なる紆余曲折があると期待しているか

少なくとも1試合は欲しいですね!
我々には難しい試合がたくさん残っています。次節はホームでのBurnley戦になりますが、どうして私がここに座って、これから彼らと対戦する時の結果について考えることが出来ると思いますか?それは相手に対して無礼ですし、私は無礼な人間ではありませんよ。我々は多くの試合を消化しなければならないのです。何かを勝ち取るために出来る唯一のことは、冷静である一方で精力的であること、また批判的である一方で自信を持っていることだけですよ。そしてチャンスを信じるのです。私は自分たちのチャンスを100%信じていますよ。
試合を消化する毎に私の選手たちに対して良い印象を持つようになって来ています。選手たちが試合に向けて整って来ますからね。
今回は得点出来ませんでした。そうなってしまったのです。厳しい試合でしたね。相手もありましたし、天候も一般的に良いフットボールの試合をする上では不向きでした。試合は本当の戦いになりましたし、我々はその戦いに備えていました。今の我々はその前よりも1ポイント多く手にしているのですから問題はありませんよ。


─ 選手に対して更に自信を持たせてくれるものは何か

我々は非常に安定していますし、様々な状況に身を置いています。選手たちは常に任務を遂行してくれています。素晴らしい時ばかりではありませんが、ずっと素晴らしいプレーが出来る選手なんていますか?そんなことは重要ではありませんよ。
自分たちが良いチームであることは分かっていますが、残念ながらこのリーグに所属するチームの多くも我々同様とても良いチームなのです。我々はただ前に進み続けるだけです。それが我々が今後もやって行くことですよ。
現実は引き分けに終わったのですから気分は悪いです。結果は尊重するよう教えられて来ましたからね。もし我々があのビッグチャンス…Fabinhoの場面やMoの2回、Joel、Virg、Sadioの場面の中から1つでも決められていれば、全く違う気分になったでしょうね。でもそれでも問題はありませんよ。このまま続けて行くだけです。


─ 今回のような試合ではもっとリスクを負う必要があったのではないか

あなたは今日の我々が充分にリスクを負わなかったと考えているのですか?我々が勝利を狙わずに引き分けに終わった試合がありましたか?アタッカーを追加投入してフットボールが変わると思っているのですか?そんなことはありませんよ。我々は充分オフェンシブでしたし、フットボールというものはあなたが思うようには行かないものです。この先9試合ありますが、我々が怖気付くことはありませんよ。
Cityは昨日勝ちました。20回ほどチャンスがあった試合でしたが、ゴールが決まったのは普段ならBorucが止めていたニアポストのシュート1本だけでしたよ。それでも彼らは勝ったのです。
勝つためには良いタイミングで良いプレーをする必要がありますが、それは新たなストライカーをピッチに出した時にだけ上手く行く訳ではありませんよ。ゴールを狙う以外何も出来ないストライカーを4人も5人も先発させることは出来ないのです。
我々はオフェンシブなチームです。それは全く問題ありませんよ。我々はリスクを負っていますよ。間違いなくね。ですがあなたの思うようには行かないのです。「さあ今だ、あっちに向かって全て投げろ」と言える場面ではありませんね。Premier Leagueでそんなことは出来ませんよ。
来週はBurnley戦がありますが、そこで我々がオフェンシブなプレーだけしていたら、100%相手のカウンターの餌食になってしまうでしょう。相手は我々のことを待ってはくれませんよ。我々のどこに問題があるかを見つけ、そこを突いてくるでしょう。
しなければならない準備をするように、ただ常に準備をするだけですよ。
我々はあらゆるリスクを負っていますが、100%全てのリスクを負うことは出来ませんね。「やりたい放題やれ」ということではありません。そういうことではないのです。

=============================


今回のEvertonは本当に良いパフォーマンスを見せましたね。
観客魔最高の雰囲気を醸し出し、スタジアム全体でLiverpoolを潰しに掛かっているような印象を受けました。
まぁそれでも勝たなければならない試合だったとは思いますが、受け入れざるを得ない結果でしょうね。

残り9試合ありますからCityだって全ての試合に勝つのは簡単なことではありません。これからは互いに最終節まで我慢比べのような形になると思いますが、目の前の試合1つ1つに集中して戦い抜くしかありませんね。
COMMENT
お名前
コメント
パスワード(コメントを後で編集する場合に必須です)
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[06/29 ボーヤ さん]
[06/07 ボーヤ さん]
[06/03 daxi さん]
[05/15 daxi さん]
[05/10 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Search