[1919]  [1918]  [1917]  [1916]  [1915]  [1914]  [1913]  [1912]  [1911
Kloppのコメント。
=============================

─ 試合について

激しい試合でした。非常に激しい試合でしたね。確かなのは今のArsenalは非常に良い時期にあるということです。
前半の我々は少し相手に楽をさせてしまいました。フォーメーションに関して、我々がどれだけコンパクトにやれたかという点においては満足はしていません。
我々がボールを持った時は良かったですよ。相手の脅威となっていましたし、裏を取ることが出来ていました。

序盤は「おぉ、Arsenalだ!」という感じでしたが、我々が最初の攻撃を仕掛けてからは皆さんは「彼らもさほど悪くはないぞ」と分かってもらえたでしょう。
そこからはかなりオープンな展開になりましたね。でもそれで良かったんです。
我々のセットプレーは際立っていましたし、我々はそこでゴールを決めるべきでした。
Virgilは試合が終わってすぐにハットトリックしなければならなかったと言っていましたが、実際には1点も決められませんでした。残念でしたね。



後半に入って我々は少しフォーメーションを変えましたが、今日はこれに救われました。
我々は本当に良いゴールを決めましたし、素晴らしいカウンターアタックも決めました。何度も良いプレーをしましたよ。ですが…今年すでに何度かやって来たように、Arsenalは手持ちのストライカーのほとんどを投入して来たのです。実際のところvan PersiやBergkampが出て来るのを私は待っていましたよ!
前半の我々はコンパクトではありませんでしたし、中盤の3人はあまりにやることが多すぎました。それに1度ハーフスペースを埋められない場面があり、相手に抜けられてゴールを決められそうになりました。これは良くありませんでした。ですがもちろんArsenal戦で1ポイント手にすることはどんな時であれ非常に良い結果になりますから、我々はそれを選んだのです。今後もそれを続けますよ。


─ 認められなかったManeのゴールについて

あれはゴールだったと思います。気分が悪いか?それは分かりませんが、思うのはあの場面はゴールであるべきだったということだけです。ですがそういうものですよ。これがフットボールというものです。これまでに20回は言って来ましたが、これがフットボールなのです。私が現役だった頃はオフサイドのルールが違いました。ボールが入った時に誰かがエリアに入ればすぐにレフェリーの笛が鳴りました。ですが今は試合を見れば誰でも分かることですが、ボールが入った時に選手がオフサイドポジションにいても笛を鳴らず、ボールに関与した時にレフェリーは笛を鳴らすのです。この違いです。あの場面は実際には素晴らしいアタックでしたよ。これはトレーニンググラウンドで練習していることで、1人の選手を使って相手のセンターバックの間で少しオフサイド気味に置き、そして他の選手がボールを受けるのです。
今回がそれと同様に見なされなかったのは残念ですか、正直なところ我々はレフェリー以上のミスをしていたんです。あの時点ではゴールが認められれば良かったのにと思いましたけどね。


─ 今日の試合は今シーズンのPremier Leagueがいかにタフであるかを証明したか

率直に言ってその指摘に驚きはありません。Arsenal戦は常に困難ですよ。昨年の試合の方が良かったかどうかは分かりません。ただ点が入った…それだけですよ。我々はもっとチャンスを活かしていましたし、それで3-3の非常に劇的な試合になりました。今日は私にとってあまり劇的な試合ではありませんでしたし、ゴールも少なかったですね。
始まる前から難しい試合になるであろうことは分かっていましたよ。
前半もう少し我々が上手くやれていれば、Arsenalにとってさらに難しい、より一層難しい試合になったでしょう。ですがそうでなくても我々は得点しましたし、チャンスも作りました。この試合の最大のチャンスを我々は手にしましたよ。相手ゴールがガラ空きになっている場面はモノにすることが出来ませんでしたが、これはあまり良くありませんでしたね!Arsenal戦に勝ちたいと望むのであれば、こういうチャンスをモノにしなければなりませんよ。
相手にもチャンスがあったことはもちろん分かっています。
ですがより大きなチャンスがあったのは我々の方なのです。

=============================


中盤を制圧されてかなり苦しい展開になりはしたものの、しっかり反撃することが出来ていたのは良かったですね。
前半あれだけやられながらも破綻することなく耐え凌ぎ、後半のフォーメーション変更から先制点まで繋げることが出来たのは地力がある証拠だと思います。

ドローは妥当な結果だと思いますが、Liverpoolにも決定機はいくつかあり、勝てる可能性も充分にあった試合でした。

首位争いは一歩後退はしましたがリーグ戦無敗は継続していますし、目の前の試合1つ1つに集中してCityに追いすがって欲しいですね。
COMMENT
お名前
コメント
パスワード(コメントを後で編集する場合に必須です)
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[10/30 ボーヤ さん]
[10/26 管理人 富樫 さん]
[10/20 ボーヤ さん]
[10/03 ボーヤ さん]
[08/30 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 3
4 7 9
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Search