[1925]  [1924]  [1923]  [1922]  [1921]  [1920]  [1919]  [1918]  [1917]  [1916]  [1915
Kloppのコメント。
=============================

─ 試合は予想以上にタフだったか

いくつかの場面では予想以上にタフでしたし、タフでない場面もありました。まぁそんなものですよ。
ラインナップを見た時は確かに少しは驚きました。このラインナップに対して我々はどう備えれば良いんだろうかとね。
彼らが4、5人をセンターバックに並べるようなプレーをして来たのは今回がシーズン初だったのではないかと思います。そういうプレーをして来たのは明らかでしたし、それが彼らのアプローチなんだということも分かりました。
ここまでFulhamは常にフットボールに対するアイデアを持っていましたし、今日もそれを目にしましたよ。セカンドボールを競り勝ったらすぐに動けるよう待ち構えていました。パスも繋いで来ましたが、ロングボールを使った組み立ても多用していましたね。そのロングボールを使った場面は何度もあり、Mitrovicはそこで本当に素晴らしい仕事をしていましたよ。ですからあまり油断は出来ませんでしたが、その部分を除けば選手たちは序盤からとても良くやってくれたと思います。良いタイミングでチャンスを作り、パスを繋ぎ、スピードを上げることが出来ましたよ。
早い時間帯にSadio、Shaq、Moの3人がボックス内に侵入するビッグチャンスを掴みました。最後はブロックされてしまいましたし、そうでなくてもキーパーに止められていたのでしょうけどね。今日どれだけのチャンスがあったか正確には分かりませんが、数はそれほど重要ではありませんよ。



我々は2度得点しましたが、恐らく少し見慣れない形だったんじゃないかと思います。1つは素早いリスタートからのものでしたし、もう1つはセットプレー後のセカンドボールからのものでしたからね。ですが、そういう場面を手にし、それを活かすことが出来たことも大変重要なことなのです。だから私は全くもってハッピーな気分ですよ。

得点のことは別にしてもパフォーマンスは本当に良かったですね。Fulhamは常に問題を引き起こさせるクオリティを持っていますが、今回は彼らがMan Cityと対戦した時の試合を分析したのがとても良かったですね。結果はハッキリとしてしまいましたが、Cityはこういう試合で本当にハードワークを強いられていましたからね。リーグ戦だと特にそう思いますよ。
あなた方はいつも結果ばかりを見ますが、今回我々は分析するためにそれを見たのです。だから結果に問題はありませんよ。
我々はハードワークをして勝った。それで充分ですよ。


─ Salahの先制点のわずか14秒前に取り消されたAleksandar Mitrovicのゴールについて

それについて何を話せと言うのでしょうか?ここに来るまでに1度見ただけですからよく分かりませんよ。オフサイドだったかどうか?言えるのは我々は自分たちのゴールには得点しなかったということだけですね。
比較はしたくありませんが、Arsenal戦ではオフサイドにはならなかった、もっとハッキリしたゴールを我々は決めました。その結果を変えることは出来ないのです。
最も重要なのはそういうシチュエーションから素早く反応することです。今回はとても素晴らしかったですね。Ali、Trent、Moがやってくれました。最高のシチュエーションでしたよ。
一方であのシチュエーションを振り返ると、あれはFulhamにとって非常に良い一連の流れになりました。レフェリーには見え難かったかも知れませんが、あれはRobboに対する明らかなファウルでしたよ。Robboは我々がフリーで置いていた選手であり、相手のクロスを止めに行かせるためにゾーンを守らせていた選手でしたからね。彼がクロスを止めることが出来なかったのは、誰かは分かりませんがFulhamの選手が彼に蓋をしてしまったからです。
あの場面はFulhamにとっての一連の良い流れではありましたし、結果的に我々は少し運に恵まれました。 それは良しとして、Robboがあそこにいた事によって、恐らく完全なオフサイドとは言えなかったのではないかと思います。彼の踵か何かが残っていたかもしれません。その前には誰かが彼を抑えていたんですけどね。まぁそんなところでしょう。それを変えることは我々には出来ませんし、Fulhamにも出来ません。ただリアクションが素晴らしかったと言うことです。


─ 試合後にSlavisa Jokanovic監督と交わした言葉について

彼の幸運を願いました。それが当然だと思いますし、いつも我々がしていることですよ。長時間話した訳ではありませんが、私は彼の置かれた状況にはとても同情しています。
今日の彼らは最初はアプローチの仕方を変えて来たのではないかと思います。最終的には彼らの望む結果にはなりませんでしたが、このチームにはクオリティが豊富にあり、本当によく団結して動く姿を目にしました。今後の彼らの幸運を願っていますよ。
昨年はChampionshipでの彼らの試合をたくさん見ましたが、素晴らしかったですね。
フットボールに対するアイデアを持ったチームがChampionshipからそれほど多く輩出されるとは思いませんが、彼らは本当に良いフットボールをしていましたよ。これは良い事ですし、今のやり方を信じて貫くべきだと思います。それが彼らの本当に素晴らしいところなのですから。ですがもちろん今彼らが置かれている状況は終わらせなければなりません。手にしたチャンスを得点に結び付けなければなりませんね。

我々は明確な結果を手に出来るほどのことはそれほど出来ず、Fulhamの時間帯も少しありましたね。我々にとってはラッキーだったのですが、あのSessegnonの場面でもし彼がゴールを決めていたらその後はどうなったかは誰にも分かりませんよ。
今日の我々のパフォーマンスを見ればしっかり集中していましたからどのみち我々が勝ったとは思いますが、正確には分かりませんね。我々にとっては良かったですし、相手にとっては良くなかったということですが、それも仕事の一部なんですよね。


─ Naby Keitaが代表戦に向かうことについて

そういうことを聞かれた時はいつも彼らにはここに残って欲しいと願いますが、今回は彼にとって良いことだと思いますね。ギニアはコートジボワールとの1試合を予定していると思いますが、これは彼にとってキツイと思いますが、良いことでもありますね。今の彼はフィットしていますし、これから4、5日トレーニングを積んで試合に出場することになるでしょう。彼にとっては素晴らしいことですよ。今回に関しては私も嬉しく思っています。
今回はほとんどの選手が1試合のみ召集されています。イングランドとブラジルは2試合あって、2試合目は火曜日の夜にやります。ブラジル代表は少なくともイングランド国内にいるので良いですね。遠征のストレスはさほどないでしょう。まぁそんなところで、我々はあまり考える必要がありません。フィットしていて声が掛かれば選手たちは行きますよ。


─ Joe GomezとJordan Hendersonがイングランド代表に合流することについて

Joeはずっと試合に出場しています。Joeのことは分かりませんが話はしています。Hendoは完全にフィットしていますよ。彼も試合を必要としていますから、代表招集は良いことですね。
でも私にはそれぞれの代表監督の決断は出来ないのですから、選手たちは呼ばれればいくことになりますよ。

=============================

先制点のカウンターは本当に見事でしたね。
Mitrovicのヘッドでネットを揺らされた瞬間からSalahがFulhamのゴールネットを揺らすまでに要した時間はわずか13:32秒だったらしく、Liverpoolが公式SNSにそれを証明する動画をアップしました(笑)

改めて見ると判定の笛が鳴った瞬間に動き出したTrentの判断が素晴らしかったですし、それに呼応したAlissonとSalahの動きも良かったですね。
それに比べてFulhamは足が止まっていたというほどではありませんでしたが、やはり反応は鈍かったですね。

それまでFulhamに差のない戦いをさせられていた中で決まったゴールということもあって痛快そのものでした。
ああいうゴールをピッチ全体が見渡せるスタジアムで見れるのは最高。現地で見ることが出来た人たちがただ羨ましいです。
COMMENT
お名前
コメント
パスワード(コメントを後で編集する場合に必須です)
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[12/09 高 たかし さん]
[11/16 ボーヤ さん]
[10/30 ボーヤ さん]
[10/26 管理人 富樫 さん]
[10/20 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
3 6
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Search