[1755]  [1754]  [1753]  [1752]  [1751]  [1750]  [1749]  [1748]  [1747]  [1746]  [1745
Kloppのコメント。
==================================

─ 結果とパフォーマンスについて

誰かが我々の今夜の勝利を2時間半前に予言していたとしたら、どんな結果でも私は受け入れただろうと思います。たとえスコアが8-7だったとしてもね。だから結果には満足していますし、相手に得点を許したことには当然満足はしていません。
相手は90分間努力していたんですから1ゴールを決めるに値していたと思いますが、我々がしっかりディフェンスが出来ていたとも思います。実際我々にとって危険でもない、注意すべきでもないスペースで相手をプレーさせるプランを実行出来ていましたし、相手はとても良い明確なスタイルを持つチームで守るのが難しかったですからね。ですから我々は非常に上手くやれたと思いましたし、相手に多くの問題を引き起こさせたと感じています。

確かに相手の時間帯もありました。特に相手がプレースタイルを少し変えて来た時にダイアゴナルな動きをされてしまいましたし、両ウィングの選手に対して少しギャンブルをすることになってしまいました。TrentとAlbertoを孤立させてしまったせいで相手にクロスを入れさせてしまいましたね。



小さいことですがPKの場面はオフサイドだったと思います。SimonはJohn Achterburgとともにとても良い仕事をしていますよ。もちろん決定的な瞬間でしたが、それを否定したことが我々にとって後押しとなり、相手にとっては少し痛手となりましたね。我々は2得点し、それ以上決める可能性もありました。セットプレーは良かったですし、結果はアンラッキーでしたが良いヘディングシュートもありました。47分に素晴らしいヘディングシュートを見せたDejanと際立ったプレーを見せたJoelは特に素晴らしかったと思いますが、あの場面は決めたと思いましたよ!

ここまでは全て順調ですが、まだ今はハーフタイムです。それ以上のものはありませんが、それ以下のものもありませんね。



─ Alexander-Arnoldのフリーキックでの自信について

あんなフリーキックを蹴る自信を持った18歳のことを話さなければなりませんね。小さなミスもありましたが、私にとってはそれよりもあのフリーキックの興奮や興味の方が勝っていますよ。彼にとって強烈な試合になりました。まだ学ぶことはありますが、彼は素晴らしい選手ですし、私にとってはこれで1-0となるよりも2-1となった方が良かったですね。


─ なぜTrentにフリーキックを蹴らせたかについて

彼に蹴るよう伝えたから実際にそうなったんです。彼はもっと上手いフリーキックが蹴れるのを私は見たことがありますから、今回のフリーキックについて私は称賛を望みません。U23の試合は可能な限り見ましたが、彼がそこにいる時すでに同じようなフリーキックを決めていました。壁はもう少し低いかも知れませんが決めていましたね。彼はフリーキックを得意としていますし、Ben Woodburnといつもトレーニング後に大きなチャレンジをしているんです。2人ともフリーキックを得意としていますし、成長していますよ。今回のゴールは彼の功績です。恐らくこういう時には監督がTrentに任せるよう指示すことが力となります。
今回の状況ではAlbertoの左もありましたが、Trentに任せて良かったですね。恐らく少しラッキーではあったと思います。壁は飛びませんでしたからね。ですが非常に素晴らしいフリーキックでしたし、我々にとっては重要なフリーキックでした。

2つ目のゴールも少し年上の選手のものでしたが悪くはありませんでした。Millieは途中出場して大きなインパクトを残してくれましたね。彼は素晴らしいプレーをしてくれましたし、今日は我々にとってとても重要な存在でした。Hendoは長いブランクを終えて厳しいプレシーズンを過ごしました。ですから今日は少し早い時間帯で彼を下げてMillieを起用し、それが我々を大きく助けてくれたことに私はとても満足しましたよ。

==================================

本題に入る前に。
Alexander-Arnold選手の当ブログ上での表記の仕方についてですが、少し長めの名前だったため今シーズンからArnold選手と表記していましたが、Trent選手に改めさせて頂きます。
Arnoldと短縮してしまうのは正しくなく、私としてもずっとモヤモヤしていましたがこれでスッキリ出来ます(笑)
マッチレポートに記載するスコアシートも交代時などはTrentと表記しますので今後ともよろしくお願いいたします。
(改めてお知らせするほどのことでもないか)


さてそのTrentについてですが、先日のHoffenheim戦での活躍は本当に素晴らしかったですね。
18歳の若さであの重要な場面でフリーキッカーを任せてもらえるなんてなかなか無いことだと思います。Coutinho不在によるところが大きいとは思いますが、しっかり結果を残したことで今後も何度かチャンスを貰えるのではないかと期待しています。

今シーズンはClyneが負傷により出遅れているせいでチャンスが回って来ていますが、ここでしっかりとアピールしてClyneのレギュラーの座を脅かすくらいの存在になってもらいたいですね。

アカデミー育ちの選手でトップチームに定着出来る選手はほんの一握り。
ほとんどがローン移籍を繰り返したのちに放出という結果に終わってしまっています。
Trentの活躍はアカデミーの選手たちにとって大いに刺激になるでしょうし、トップチームに割って入って来る選手がどんどん出て来てくれるとファンとしては嬉しいですね。

ただ今回の活躍を過剰に騒ぎ立てるのも良くはないでしょう。
まだまだ学ぶことも多い選手ですから、まずはじっくりと時間を掛けてトップチームへの定着を目指し、そしてCarragherやGerrardのような偉大な先輩の後を継ぐような存在になって欲しいですね。
COMMENT
お名前
コメント
パスワード(コメントを後で編集する場合に必須です)
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[09/26 ボーヤ さん]
[09/12 悪即斬 さん]
[09/04 悪即斬 さん]
[08/16 悪即斬 さん]
[02/06 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2
5 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Search