[231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221
20081006_Benitez.jpgまずはBenitezのコメント。
---------
結果にはとても喜んでいますが、Skrtelのケガは残念ですネ。

ポジティブなことは前半の悪い展開からの選手たちの反応ですネ。2失点それぞれミスをしてしまいましたし、後半に見せた反応と精神力は私にとって試合に勝つカギとなりましたネ。
ハーフタイムに「トライして1点獲れば、試合中に元に戻せる」と選手に話しました。それが私の見解で、選手の精神力や決断力は前半に比べてとても良くなりました。
後半は激しくプッシュしていました。選手の決断力は素晴らしかったですネ。

前半の問題は力とスピードのある選手に対してミスを犯してしまったことです。
失点しない方が良いですが、少なくとも試合に勝てるならば、選手は毎試合勝つために準備しているんだということを示していますよ。
フィジカル面で我々は良い状態にありますから、フィットネスコーチは称賛に値しますネ。我々には信念とメンタリティもあります。

Xabiは大丈夫です。あれは明らかにレッドカードですよ。この決定に疑問はありませんし、非常に明白です。
この時点で我々は試合を支配し、Cityを上回っていました。チャンスを作って彼らよりも優れていましたネ。

Torresが我々にとってどれほど重要な選手か分かっています。
彼はいつも相手DFに脅威を与え、ゴールを決めることができます。チームメイトにスペースを与えることもできます。Torresは良いメンタリティを持った素晴らしい男ですよ。
ハットトリックを達成できなかったのは不運でしたネ。

Cityはスピードがあってスキルの高い選手がいますから、こういった選手を中盤でコントロールし、Gerrardに自由を与えようとしました。悪くは無かったんですが、何度かミスをしてしまいましたネ。
後半はフォーメーションを変えましたが、全てが異なりましたネ。

良いチームと対戦する時は常に正しいことを実行することが重要です。そうすればどんな相手にだって勝つことができます。
彼らは良い選手や監督を抱えている優れたチームですから、我々の選手たちの信念を持って臨んだことがカギとなりましたよ。
---------


2点ビハインドの状態から、まるでドラマでも見るかのような大逆転勝利を収めたLiverpoolですが、Benitezは「信念を持って臨んだこと」が勝利のカギとなったと言っています。
「最後まで諦めない」「絶対に勝つんだ」という気持ちを捨てないことがああいった結果を呼び込むんですよネ。
そしてそういうメンタルを選手に植え付けているBenitezはやはり優秀な監督だなぁと思います。

Benitezは試合中にゴールが決まっても、絶対に大はしゃぎしないんですよネ。それどころかすぐに選手たちに指示を出してます。
これも「まだやることがある」「ゴールを喜ぶことは監督の仕事じゃない」という彼なりの信念があるからでしょう。


人と人のぶつかりあいで最後に物を言うのはこういったことなんだなと勉強になりました(笑)
COMMENT
お名前
コメント
パスワード(コメントを後で編集する場合に必須です)
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[08/16 悪即斬 さん]
[05/16 高 たかし さん]
[02/06 ボーヤ さん]
[01/06 ボーヤ さん]
[12/09 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Search