[1785]  [1784]  [1783]  [1782]  [1781]  [1780]  [1779]  [1778]  [1777]  [1776]  [1775
Kloppのコメント。
=============================

─ 試合に対する全般的な感想について

我々はNewcastleよりも積極的で良いフットボールをしていたと思います。相手以上にチャンスを作りましたしね。我々が普段から見せるチャンスが明らかにありましたよ。
試合を支配している時は、相手のカウンター自体を避けることは出来ません。そのカウンターから作られる何かを避けなければならないのです。カウンターから作られるチャンスを1つに特定することは私には出来ませんよ。
あのゴールは良いゴールでしたし、極めて良いタイミングで素晴らしいパスが入りましたね。
センターバックの2人にはShelveyが出したパスが見えてなかったように私には見えました。2人の前には他の選手が2~3人いて、ボールはその先にありましたからね。あれが見えていれば2人は1歩前に出ていたはずで、Joseluはオフサイドになっていたと思います。




─ またチャンスを逃してしまったことについて

ご想像の通り、もちろん今日は気分が良くありませんよ。
私はこれまで様々なチームとの試合で酷いプレーをしてしまい、1ポイントしか持ち帰れなかったことが何度もあります。のちにそれは1ポイント手に入れたんだと感じるようにもなりますが、そこには本当の問題があるのです。次の試合でもっと良いプレーをしなければならなくなりますし、そうでなければ1ポイントも取れなくなってしまいますからね。
今の我々はそれとは逆です。今回もまた我々は相手よりも優れたチームでしたし、より多くのチャンスを作りました。決定的な状況もありましたよ。でも得点には至りませんでした。
それはもちろん問題ではありますが、このままの状況が続くことはありません。私は知っていますよ。いずれこの縺れが解ける日が来てもっと得点出来るということは、これまでフットボールに長く携わって来た経験から分かっています。全くあり得ることですよ。


─ 過去7試合で1勝しか出来ていないことについて

我々はチャンスを作り、良いプレーもしていますが、これらの試合で得点出来ませんでした。ですがこの7戦で1勝する内にはそれぞれ違った形がありましたね。
酷いプレーをして多くの試合に負ける場合もあれば、何試合か非常に良いプレーをする場合もあります。
私が言いたいのは、ほとんどの試合で我々は実際に良いプレーをしていたチームだったと言うことです。ただ相手が得点するには数回のチャンスで充分なのに対して、我々はさらに多くのチャンスを必要としました。そして最終的には同じ数のゴールを手にしたのです。
もちろんこれはここ数戦で起こったことでしたが、我々にとって唯一の選択肢は継続することだけです。

我々はこれまでのようにやらなければなりません。今後は今までのやり方を止めてもっと消極的なプレーをし、相手を自陣に引き込んでからのカウンターを狙うチームになってそこから何かが起こるのことを願うことにするなんて言えませんよ。
それが我々にとって正しい方法だとは思いません。

これからインターナショナル・ブレイクに入って選手たちはチームを離れますし、現時点で我々はチームが完璧だとは感じていません。1ポイントを手にしたもののまるで敗北したかのように感じていますよ。
全員が無事に戻って来てくれることを願っていますし、そこからまた前進して行きます。次の試合では自信に満ちたUnitedを相手にして、恐らく今回のものとは異なる問題を抱えることになるでしょう。
ですが我々は最高のコンディションで臨みますよ。今日の非常によく組織されたNewcastleを相手にするような試合では、自信を持ちながらチャンスを作るのは本当に難しいと思います。それは7戦で1勝であっても、3勝でも4勝でも変わりませんよ。当然のことです。我々はチャンスを掴むためにももう少し頑張らなければならないのですが、通常であればチャンスは活かせていますよ。もし我々がこれまでのやり方を止めてしまうのであれば心配するでしょうが、それを継続する限りは心配することは無いでしょう。


─ 選手たちは自信を失っているかどうかについて

いいえ、失ってはいませんよ。自信を持つことは我々の責務です。選手たちにはフットボールに必要な能力があるのですから。想像出来ると思いますが、何度も繰り返しトライしても上手く行かない時は簡単ではありません。
Philが月間最高のゴールを決めましたが、我々は1つのミスを犯してしまいました。責任の所在は分かりませんが、我々はミスを犯して残念ながら1-1になってしまいましたね。
相手はDaniel Sturridgeの近くでもっと多くのミスを犯し、2度ほどボールを失っていました。Danielはそこに対してすぐに反応してシュートを打ってくれました。今シーズンすでに2つのゴールを決めている彼はボールを奪ってから相手キーパーの正面にボールを蹴ってしまいました。それからMo Salahがゴール前に入って来ましたが、ゴールはガラ空きになっているのに彼はそのチャンスを掴むことが出来ず、ジャンプして放ったシュートは枠を越えてしまいました。
その時に私がすべき仕事は何でしょうか?
2人に対して「Mo、次はあんなプレーをしてはダメだ」とか「Daniel、次はよく見てくれよ」と言うことでしょうか?そうではありませんよ。
彼らはそんなことを言われなくても分かっていますし、次はしっかりやってくれるでしょうからね。


─ 首位から7ポイント離されていることに対する懸念について

試合で手に入れたポイントのことを話すことは出来ませんし、他のチームとの差も話すことは出来ませんよ。今の我々は確かに厳しい時期を過ごしていますし、余所は余所でそれぞれのシーズンを過ごしています。シーズンが順調に進んで行くのはごく稀なことで、厳しい時期はやって来るものです。我々は我々自身のことに取り組む必要がありますし、真のチャレンジャーの座からはさほど離れていないと私は考えていますよ。我々が良くなるための練習をすれば、もっと多くのゴールを決めるようになるでしょうし、試合にも勝てるようになるでしょう。ですから余所のチームのことなど考える必要は無いのです。
どれだけ大きくても差は埋められるでしょうし、我々が最終的にどの順位になるかはのちに分かるでしょう。我々の状況がどうであるかが大切で、余所がどうかなんて考えませんよ。

=============================


チームの状態を最も把握しているのは監督だと思いますし、彼の言う通りチームは酷いプレーではなくて良いプレーをしているわけですから、今を継続して行かなければならないと言うのも理解は出来ますね。
選手たちが自信を失っていないのは良い事ですし、監督も自分のやり方に信念を持ってくれていることが何よりだと思います。

ファンはついあれやこれやと言ってしまいますが、チームが勢いを取り戻してくれるのを信じて待ちたいですね。
COMMENT
お名前
コメント
パスワード(コメントを後で編集する場合に必須です)
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Entry
Recent Comment
[09/26 ボーヤ さん]
[09/12 悪即斬 さん]
[09/04 悪即斬 さん]
[08/16 悪即斬 さん]
[02/06 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2
5 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Search