[697]  [696]  [695]  [694]  [693]  [692]  [691]  [690]  [689]  [688]  [687
20091119_Totti-Aquilani.jpgTottiのインタビュー。
==================================
Liverpoolfc.tv(以下LV):ここまでのところLiverpoolファンはAquilaniを少し見ただけです。あなたが身近でプレーをした選手について我々は何を期待出来ますか?

Francesco Totti(以下FT):Albertoは驚くべき才能、素晴らしいテクニック、卓越したゲーム理解力を持った選手ですネ。彼は両足でパワフルなシュートも打てます。本当に完ぺきなミッドフィルダーですよ。



LV:彼はあなたのようにRomaの一員として過ごしてきました。あなたたちは良い友人なのでしょうか?

FT:そうですネ、本当に良い友人です。Romaを離れた今でも連絡を取り合っていますよ。

LV:彼はLiverpoolのシステムにどのようにフィットしていくと考えていますか?

FT:Albertoは中盤であればどのポジションでもプレーできますよ。上がり目でも下がり目でもネ。彼の持つアドバンテージは彼がしっかり試合を理解 していて素晴らしいビジョンを持っていることです。彼はダイナミックでラストパスも出せますし、自分自身も得点を狙うことができます。
Romaでは4-2-3-1のフォーメーションでディフェンスの前でDaniele De RossiやDavid Pizarroの隣でプレーしていました。ですが攻撃的MFとして僕のすぐ後ろでもプレーしていましたよ。僕は4-4-2でも上手くプレーできると思いま すよ。



LV:彼を選手としてどのように表現しますか?そちらでは世界最高のミッドフィルダーなのでしょうか?

FT:彼はエレガントでスマート…これが彼の一番のキャラクターです。もしかすると世界最高かも知れません。これまではケガで不運な目に遭ってきましたが、僕はイングランドでも上手くやると信じていますよ。



LV:彼がMerseysideへ移籍してから充分彼と話せましたか?

FT:えぇもちろん。僕は彼に近況を聞いたら彼はとても馴染んでると言っていました。彼はレギュラーでプレーするのを待てないようです。


LV:スカウスを学ぶことについて何か言っていましたか?

FT:彼はそれについては何も言っていませんでしたよ。彼はまだ僕たちの方言であるローマンの方がマシですよ!(笑)ですが彼が英語を上達させようとよく勉強していることは知っています。



LV:Aquilaniは今までケガの問題と付き合ってきました。彼はそれを忘れて、今シーズンのタイトル獲得に向けたLiverpoolの冒険でカギとなる役割を担うことができると思いますか?

FT:さっきも言ったように、あらゆるケガが彼の成長を止めて以来、彼のキャリアは運に恵まれてはいませんでした。でも僕は彼がベストを取り戻して、Liverpoolで自分の勝ちを証明してくれると確信していますよ。



LV:RomaでのAlbertoのキャリアの中であなたのお気に入りの思い出は何でしょうか?彼のベストマッチがどの試合か教えてくれますか?

FT:Albertoがプレーするチャンスを手にした時はいつでもそれをモノにして来ましたし、ビッグマッチでもいつも良いプレーをしていました。僕が記 憶している1つがマドリッドでのReal戦で、忘れることの出来ない夜でしたネ。彼は落雷のようなシュートでバーを叩き、その15秒後にCasillas が彼のもう1本のシュートを弾いたんです。ですがそれだけではありません。2-1で勝利を収めたAC Milan戦で素晴らしいラボーナ(Aquilani得意のプレー)を決めて僕にボールを渡してくれました。インターネットで検索して下さいよ!
Redsファンはきっと彼のドリブルを評価するでしょうし、彼が素晴らしい選手であると気付きますよ。



LV:彼がBarclays Premier Leagueで大きなインパクトを残すと思いますか?彼はどのようにしてこのリーグのペースに適応するのでしょうか?

FT:優秀な選手はどこでプレーしようと自分の力を証明します。Albertoはどんなフットボールにも適応しますよ。



LV:彼はWorld Cupでイタリア代表のキープレーヤーとなるのでしょうか?

FT:そうなってくれることを本当に望んでいますし、その運に恵まれることを僕は願っています。



LV:以前あなたはAnfieldでプレーしたことがありますネ。あの素晴らしい雰囲気について彼に話をしましたか?

FT:Anfieldは素晴らしいスタジアムです。とてもエキサイティングなスタジアムですネ。ファンは本当に温かいです。
Riiseもそのことを教えてくれましたし、彼は僕たちのサポーターも彼らに似ていると言っていましたよ。


LV:元LiverpoolのJohn Arne Riiseはローマでの生活にどうやって慣れたのでしょうか?

FT:ファンは彼のことをとても愛しています。彼はプロフェッショナルですし、シュートはとてもパワフルです。
イタリアのフットボールに適応するのは簡単なことではありませんが、彼は最大限の努力をしてそれを成し遂げましたよ。



LV:Champions LeagueでLiverpoolと対戦した時のあなたの個人的な記憶はどんなものですか?そしてファンやスタジアムの雰囲気に何を感じましたか?

FT:正直に言うと僕の記憶は良いものではありません。Liverpoolは1984年の決勝で僕たちを倒しましたし、ローマでは多くの人がそれについて不愉快な思いをしています。
2002年の試合も覚えています。審判の判定が論争の的となりましたし、Litmanenがとても、とても疑わしいペナルティから得点しました。Riiseは良いプレーをしていましたネ。



LV:Riiseはイタリアのチームとの対戦で、もう1つの有名な夜にも出場していました。2005年のChampions League決勝です。あの試合であなたは何を感じましたか?

FT:Milanは哀れでしたが、ファンにとってはあんな形でタイトルを獲得したことは素晴らしいことだったに違いありません。



LV:LiverpoolはChampions League第6戦でFiorentinaと最後のイスを賭けた勝負をします。どちらが突破すると思いますか?

FT:Violaは間違いなく有利ですし、Liverpoolには非常にタフな試合になるでしょう。特にLyon戦で引き分けた後ならネ。



LV:Redsの望みは最近バロンドールのリストに載るTorresやGerrardのような選手に委ねられています。2人の選手についてどういう見解をお持ちですか?

FT:彼ら2人のことを表現するのに、僕はイタリア語の形容詞でしか考えられません。grandissimi(強大)です!



LV:ストライカーとして、Torresは世界最高ランクに属していますか?

FT:Torresは間違いなく世界最高の選手の1人ですよ。とても速く、唯一無二の得点への嗅覚があります。本当に偉大なストライカーですよ。
僕は彼のPremier Leagueでの今までの得点を見てみましたが、全く悪くありませんネ!



LV:Dossenaは我々の抱えるもう1人のイタリア代表選手です。イングランドでの彼のインパクトについて何を感じますか?昨年彼はReal Madrid戦とMan United戦で素晴らしいゴールを決めましたが…。

FT:彼は攻守両面に渡って良いプレーができる立派なサイドバックですよ。



LV:最後に、我々はあなたが生まれも育ちもローマであることを知っていますが、イングランドに渡って挑戦してみたいと思いませんか?

FT:Romaに留まることは僕の個人的な選択で、心に決めていたものです。僕は僕が常に応援して来たこのクラブでプレーし成長して来ました。
とてもありがたい話ですが、僕はここで満足ですよ。

==================================

Tottiは同じローマ育ちのAquilani移籍に猛反対し、フロント批判とも取れる発言をしていました。
その彼がこの取材に応じてくれたことも少し驚きましたし、彼の移籍を結果的には受け入れ、本人とは連絡を取り合うなど面倒見のいい面も見せてくれたようです。

Aquilaniについては僕もまだじっくりと見れていませんが、こういうボール捌きが上手くてテクニックもある選手はPremier Leagueでもやっていけると思います。
後は彼がいかに相手のプレッシャーを交わしてゲームを作ってくれるか…Liverpoolの浮沈のカギを握った選手であると思います。


個人的にはDossenaについてもっともっと話が聞きたかったです(笑)
COMMENT
お名前
コメント
パスワード(コメントを後で編集する場合に必須です)
無題
楽しく読ませてもらいました!アクイラーニがフィットすれば何が変わるって期待できそうですね。答えがわかりきった質問から、意外な回答を得られた質問などありました!いまのリウ゛ァプールで彼が入るならどの位置になるんでしょうか?マスケラーノやルーカスと交代で中盤ですかね?それともトップ下でプレーするのか...疑問に思いますw(゚o゚)w
BUBIMIR さん 2009/11/19(Thu)21:27:47 Edit
BUBIMIRさん
いつもコメントありがとうございます。

ここまで調子が悪いと、Aquilaniのような新戦力についつい期待してしまうものですし、下手をするとまだ大した結果も見せていないのに救世主か何かと見紛ってしまいます(苦笑)
そうならないようBenitezはメディアを牽制しているようですが、彼に過度の期待を掛けざるを得ないほどLiverpoolの状態は悪いということなんでしょうネ(汗)


起用法についてですが現時点ではやはり中盤の底に入れて、そこから長短のパスを捌かせるのが彼的にもLiverpool的にも良いかなと思います。
トップ下としてならGerrardもBenayoun様も高レベルのプレーが出来ますから、ワザワザAquilaniを使う必要も無いと思います。

Arsenal戦でDegenに通したロングパスが彼のスタンダードなプレーであるとすれば、Liverpoolは相当チャンスを増やすハズです。


じゃあ中盤の底で誰を外すのか…が問題となりますが、僕はMascheranoを外したらどうかと思います。
Barcelona移籍の噂が絶えない状況ですし、資金難のLiverpoolとしてもまとまったお金が欲しいところ。

守備面でのリスクはありますが、Lucasをもう少し守備に専念させればそう悲観するほどではないと思います。
[ from Rush : 2009/11/20 16:00 ]
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[08/16 悪即斬 さん]
[05/16 高 たかし さん]
[02/06 ボーヤ さん]
[01/06 ボーヤ さん]
[12/09 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 16 17 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Search