[87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77
20080123_vsKopbanner.jpgお家騒動に悩まされるLiverpool。依然としてサポーターからの支持を得ているBenitezを擁護すべく試合前には抗議デモなどが行なわれている模様です。
また資金調達が難航していることに起因して、チームの再身売りの話が持ち上がってきたから大変です。
昨年、最終的にHicks & Gillettに競り負けたDubai International Capital(DIC)が再び買収の意欲を見せているようですネ。

こんな情報を受けてサポーターたちも、先日のAston Villa戦でオーナー批判のバナーを掲げました。

"YANKS OUT , DUBAI IN   IN RAFA WE LOVE"
"DUBAI S.O.S , YANKS OUT"
"IF IT AIN'T BROKE , DON'T HICKS IT"
"TOM + GEORGE THANKS BUT NO YANKS"

Hicks & GillettがLiverpoolを手にした時はLiverpoolの財政的な問題がクリアになると純粋に喜んだのですが、あれから1年も立たないうちに資金繰りが怪しくなってくるなんて・・・。就任時とは随分話が違うような気がします。

監督問題にしても、Benitezがベストチョイスかどうか図りかねますが、今シーズンは大金をはたいたもののCBなど獲りきれなかった部分もありますし、ケガ人に泣かされた部分もあるので1年で結論を出すのもどうかとは思いますケドネ・・・。

「投機目的ではなく、ファンの望むチームを作りたい」
そんなことを言ったオーナーでしたが、なかなか試合を見に来ないし・・・やはりチーム愛はなかったのかなぁ・・・。


でも "YANKS OUT , DUBAI IN" ホントにこれでいいんでしょうか?

DICのLiverpool愛がどの程度のものか知りません。Hicks & Gillettに任せるくらいならDICの方がマシだと考えているのか分かりませんが、サポーターもじっくりと考えた方がいいでしょうネ。オーナーがBenitezに三行半を突きつけるのと同様、サポーターがオーナーに三行半を突きつけるには時期尚早な気もします。オーナーは反省すべきところは反省し、Premier Leagueのことを勉強して考え方を変えてくれたらいいなぁと思います。

とにかく、そう易々とオーナーが変わられてしまってはたまったものではありません。
結局はLiverpoolが「投機対象に成り下がってしまった」という悲しい結末を迎えるだけだと思います・・・。
COMMENT
お名前
コメント
パスワード(コメントを後で編集する場合に必須です)
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[09/26 ボーヤ さん]
[09/12 悪即斬 さん]
[09/04 悪即斬 さん]
[08/16 悪即斬 さん]
[05/16 高 たかし さん]
Twitter
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 18 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Search