[124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114

20080424_Morientes.jpgLiverpoolの一員だったMorientesが激しい腹痛と発熱で緊急入院しているそうです。
病名などはまだ伝わってきませんが、ウィルス性腸炎か何かでしょうか?

とても気になったのでValenciaのオフィシャルHPを見てみたのですが、日本語対応してる!さすがTOYOTA!

まぁそれはおいといて(笑)、えっと…英語版、日本語版共に更新が遅れてます(爆)
スペイン語…うーん全く分かりません(汗)
ということでInfoseek様の翻訳サイトを利用させてもらいました。

以下訳文(そのまま)。

「フェルナンドモリエンテス: それは、痛み鋭いabdomialのために病院センターに今日の夜明けを入れました。 それは、観察において続けます。
Emilianoモレッティ: 左のcuadricepsの血腫筋肉のpostraum tico。 処置fisioterピコ。
私は、ヒルデブラントをだまします: 滑液嚢炎postraum tica権利腰。 処置fisioterピコ、プールと体育で働いてください。
ハビエルArizmendi: Dorsalgia。 処置fisioterピコ。
マルコカネイラ: Contracturaは、筋骨たくましい内部の双子を起こします。 処置fisioterピコ。」

「バレンシアCF(Agust n Mulberry)から大統領、彼/彼女は腹部の強い痛みのために入院していて入れられるままであるプレーヤーフェルナンドモリエンテスを訪ねるために、この4月23日水曜日の朝に行きました。
それがsintomatologの完全緩解まで入院して続けるvalencianistaが好ましい方向で進化するプレーヤーの州に興味を持っていたと指令している最大限‖a.」

なんのこっちゃ(汗)

GKの「Timo Hildebrand」が「私は、ヒルデブラントをだまします」って(爆)
Caneiraの「筋骨たくましい内部の双子」って何!?(涙)
たぶん彼らも故障してるってことなんでしょうが、この訳はスゴイです(笑)
…いや、でもホントありがたいですよネ、こういう翻訳サイトがあるってのは。便利な世の中になったものです。


Liverpool絡みの試合以外はあまり見ないので、Morientesについてはニュースだとか動画などで情報を仕入れる程度なんですが、Morientesは頭・左足・右足のどれもうまく使いこなせる万能型FWで、私の好きな選手の1人です。
彼がOwenと入れ替わるようにLiverpoolに来た時は、Torres以上Cisse未満(笑)で嬉しかったです。
(Cisseもかなり好きなんですよネ)
残念ながらMorientesはPremier Leagueに馴染めず、わずか2シーズンでスペインに戻ってしまったけど…。

とにかくMorientesにはしっかり治して無事復帰してもらいたいです。

COMMENT
お名前
コメント
パスワード(コメントを後で編集する場合に必須です)
Profile

HN: ian rush
性別: 男
趣味: Liverpool
自己紹介:
Liverpoolをさりげなく愛しています。
Ranking
応援のClickをお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

人気ブログランキングへ
Liverpool Time
Recent Comment
[09/26 ボーヤ さん]
[09/12 悪即斬 さん]
[09/04 悪即斬 さん]
[08/16 悪即斬 さん]
[02/06 ボーヤ さん]
Twitter
Calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2
5 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 22 24 25
26 27 28 29 30
Search